ビタミンD欠乏症 vitamin D deficiency

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

病態

原因

■日光暴露低下
・引きこもり

診断

血液検査

■低Ca血症+高PTH血症
・ビタミンD欠乏症,慢性腎不全,偽性副甲状腺機能低下症の3つが鑑別にあがる.
→正確な判断をするには,天然型ビタミンDの治療効果の確認と,GNAS遺伝子のメチル化解析を含む分子遺伝子検査が有用.

■血中25(OH)D値
 2016年より保険収載.

天然型ビタミンD投与(保険外)

〇診断は,天然型ビタミンDの効果により確認される.
・本邦では天然型ビタミンDの医療用医薬品はデノスマブ投与時の低Ca血症予防薬しかない.
→D3(Cholecalciferol)サプリメントを安全な400IU/日から2,000IU/日まで段階的に増量し,1年以上かけてビタミンD補充するという方法が報告されている.

分子遺伝子検査

治療

活性型ビタミンD

 成因に関係なく改善するため,ビタミンD欠乏症と真の偽性副甲状腺機能低下症との鑑別ができない.

タイトルとURLをコピーしました