バダデュスタット vadadustat

スポンサーリンク
お薬手帳

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

バフセオ® 田辺三菱
2021年9月1日より投薬期間制限が解除

HIF-PH阻害薬

VadadustatのT1/2は7~9時間
HDによる影響は少ない.

用法

成人には,1回300mgを開始用量とし、1日1回経口投与する.
以後は,患者の状態に応じて投与量を適宜増減するが,最高用量は1日1回600mgまでとする.

増量する場合は,増量幅は150mgとし,増量の間隔は4週間以上とする.

休薬した場合は,1段階低い用量で投与を再開する.

エビデンス

第二相試験(保存期CKD)

第二相試験において保存期CKD患者ではプラセボに比べ貧血改善がみられた.

ヘプシジン↓ フェリチン↓ TIBC↑
CRP,VEGF値,総コレステロール濃度,血圧値は変動なし

プラセボとの比較で,本剤においてシスタチンCの低下効果が観察された.
→保存期CKD患者での腎保護を示唆

第二相試験(HD)

HD患者においてエポエチン-α治療の先行した後に本剤を投与したところ,Hb値の維持が可能だった.
血清鉄は軽度増加,ヘプシジン値とフェリチン値低下,TIBC増加,TSATは不変

タイトルとURLをコピーしました