白癬

医学ノート(なすび用)

Tinea
水虫(足に感染した場合)
たむし(足以外の体の部位に感染した場合)

白癬菌といわれる皮膚糸状菌(dermatophyte)が,皮膚の最も外側に位置する角質という部位に感染する.

なすび専用のまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
ちゃんとした正書や情報提供サイトを強く推奨します.
当ブログは一切の責任を負いません.

病態

鱗屑には多数の糸状菌が存在し,原因菌は主にTrichophyton rubrumで,T. mentagrophytesがそれに次ぐ.

直接的or間接的に触ることで人から人へ伝播していく.
・バスマットやスリッパに限らず,白癬に罹患している人が歩いた場所には白癬菌が散布され,白癬菌に接触すると,足に菌が付着する.

ある一定の時間,菌の付着が継続すると角層内に侵入し,定着することがあり,足白癬を発症する.

皮膚糸状菌はケラチナーゼという酵素を出して,皮膚角質の構成成分であるケラチンを栄養源として生息するため,通常は表皮角層,爪,毛包に感染し病変を生じる.

足白癬に二次感染が起こって,蜂窩織炎を起こす場になるため,注意が必要.

一旦かかると遷延化しやすく,繰り返していると皮膚が徐々に固くなってくる.

足白癬(水虫) tinea pedis

カビは高温多湿の環境を好むため,足の角質に感染することが多い.

「足にミズムシがある」って言われても,実は本当の足白癬はおおよそ半分くらい.

自己判断で,市販の抗真菌剤を外用し,刺激性接触皮膚炎を併発するケースもある.さらに二次感染を生じているケースも.

趾間びらん型

最も多い病型で,第 4 趾間に好発.

趾間の紅斑と小水疱として始まり,鱗屑を形成する.
白く浸軟することが多く,剥がれてびらん面を形成するようになる.
痒みが強い.

びらんから細菌の二次感染があると疼痛や蜂窩織炎を起こす.

小水疱・鱗屑型

足趾の間,足の裏,足の縁に小さい透明かつやや粘稠な内容を含む水疱が散在 or 集蔟して周囲に発赤を伴う.
時に膿疱化することがある.

好発部位は土踏まず,足趾基部に好発する.
梅雨時に起こりやすく,秋には軽快することが多い. 

角質増殖型(角化型)

踵部に好発し,足の裏が厚い角質で覆われ,亀裂を伴うこともある.
・亀裂を生じると疼痛を訴えるようになる.

足蹠から足趾全面にわたるびまん性の角質増殖と落屑性紅斑がみられ,慢性に経過し,季節的消長がみられない.

爪白癬

爪白癬治療の成功率高める “爪アート”の鑑賞法(日経メディカル,2022/05/10)

爪甲の肥厚(爪甲下角質増殖)と混濁を主徴とし,種々の程度の変形や崩壊を伴う.

第1趾爪に多い.

足白癬から続発性に起こる場合が多く,爪の先端から白濁し,しだいに爪母側に進行することが多い.

爪が脆弱化し,爪切りによって粉末状に崩れだす.

診断

白癬菌が付着しているだけなのか or 感染症としての病原性があるか,判断するには,KOH鏡検で菌糸を確認するのが重要.

KOH直接鏡検法

皮膚の鱗屑や爪から検体をとり,苛性カリ(KOH)を検査材料にたらし,カバーグラスで覆ってから顕微鏡で観察する.

菌は角層に存在するので,皮膚のごく表層のみをメスかはさみで採取.

隔壁を有する幅3~4µm の糸状菌糸や分節状の胞子を認めれば診断が確定する.

治療

基本的に頭髪や髭などの有毛部以外の浅在性白癬については外用療法を行う.
→局部の清潔を保ち,イミダゾール系抗真菌薬などを外用する.

角質増殖型の足・手白癬,爪白癬では,内服療法が必要となり,イトラコナゾールやテルフェナビンなどを用いる.
・爪白癬の場合は爪が硬くなっており,白癬菌も奥にいるため,なかなか到達できない.

外用療法

現在広く用いられている外用剤はイミタゾール系でもアリルアミン系でも1日1回の外用で十分な殺菌効果を有する.

3~6ヶ月で,皮膚の所見をみて中止.

クリーム,軟膏,液,スプレーなどの種類がある.
刺激の少ない順に,軟膏→クリーム→液orスプレー

なすび院長
なすび院長

趾間のびらん,発赤,腫脹の合併があれば,まずはその治療を優先する.
・感染症(リンパ管炎など)→抗生物質内服(サワシリン®など)
・刺激性接触皮膚炎→ステロイド外用薬(リンデロンV軟膏®など)
・趾間の湿潤→ガーゼを挟み,乾かす(先に白癬の治療をすると悪化することがある)
それが落ち着いてから,白癬の治療へ移行する.

ラミシールクリーム® terbinafine
・アリルアミン系(非アゾ-ル系)抗真菌剤.
・1日1回塗布で強力な殺菌作用.

タオンクリーム® クロトリマゾールクリーム
・イミダゾール系の抗真菌剤で,皮膚病の原因である真菌の細胞壁合成を阻害することにより抗真菌作用を示す.
・1日2~3回患部に塗布する.

クレナフィン爪外用液10%® efinaconazole
・爪の奥まで染みこんで作用するため,爪白癬で有用.
・ラノステロールC-14脱メチル化酵素を阻害することで,真菌の細胞膜を構成するエルゴステロール合成ができなくなり,細胞膜を壊す.
・1日1回罹患爪全体に塗布.爪の生え変わりの48週間の使用が基本.
・局所塗布なので,肝機能障害のリスクは少ないが,皮膚炎や水疱の副作用が多い.

内服療法

爪白癬や測定の角質増殖の顕著な例,趾間のびらんや浸軟が高度な例で使用する場合がある.

ラミシール®錠 terbinafine
・6ヵ月の継続内服
・重篤な肝障害が報告されるいるため,開始後2ヵ月間は1ヶ月毎に肝酵素を測定する.
・重篤な肝障害がある症例では使用できない.
・汎血球減少の報告もあり,血液疾患がある症例では使用できない.

イトリゾール®カプセル itraconazole
・1日800mg(2Cap 2×食直後)を1週間飲んで3週間休薬することを1クールとして,それを3クール繰り返す.
・脂溶性であるため,空腹時では吸収が悪く,食後に内服する必要がある.
・併用禁忌が多いため,使いにくい.
・重篤な肝機能障害でも使用できない.
・妊娠の可能性がある人にも使用できない.

ネイリンカプセルⓇ ホスラブコナゾール L-リシンエタノール付加物
・活性成分であるラブコナゾールの生物学的利用率を向上.
・1日1回1カプセルを12週間投与.
・趾爪の生え変わりには1年~1年半を要するため,投与終了後は経過観察期間(約9ヵ月間)を設ける.

感染予防

毎日泡立てた石鹸を使い,足の指の間や足の裏を洗うことが重要.

医学ノート(なすび用)
スポンサーリンク
なすび院長

勤務医に疲れ,定期非常勤と投資でなんとかしのごうというひっそり医.
好きな分野は,糖尿病・腎臓病です!(゚∀゚)

ネット上で念願のなすびクリニックを作るも,今日も改装中で,いつ再開するのやら・・・
勉強好きで,私用に細々とまとめています.

妻:りんご
長女:いちご
次女:れもん
三女:みかん
事務長:かえる

なすび院長をフォローする
なすびクリニックは今日も改装中!
タイトルとURLをコピーしました