ジルコニウムシクロケイ酸ナトリウム水和物 Sodium zirconium cyclosilicate hydrate

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

ロケルマ® アストラゼネカ

微細孔構造を有する非ポリマー無機結晶の陽イオン交換化合物.

1日1回で効果が高く,服用時間の制限がないため,アドヒアランスも高い.

アストラゼネカ医療関係者向け情報サイト-MediChannel-
アストラゼネカの医療関係者向け情報サイトです。

長期処方解禁

薬理

水に懸濁して服用すると,腸管内でK+を選択的に吸着する.
・K+の直径に近い平均約3Åの均一な微細孔構造を持つ.
・K+吸着時にH+とNa+を放出する.
・Ca2+やMg2+などの2価陽イオンが存在していたとしても,K+を優先的に取り込む.

特徴

非ポリマーのカリウム吸着薬のため,腸管内で膨張することがない.

K低下作用が速い.
・1~2時間で急速にKが低下
・K低下した後にリバウンドがない.
→使用することで入院を回避できる可能性あり

使い方

保存期CKD

目安としては,K>5.0mEq/Lが治療開始基準(原因が明らかな場合はまずは食事指導).

成人には,開始用量として1回10gを水で懸濁して1日3回,2日間経口投与(最長3日間).
*3日目に1回10gを3回投与する場合には,投与前に血清K値が治療目標値に達していないことを確認する.目標値に達していない場合は,他の治療方法を検討する.

以後は,1回5gを水で懸濁して1日1回経口投与する(最高用量は1日1回15g).
*増量を行う場合は,5gずつとし,1週間以上の間隔を空ける.

血清K<3.5mEq/Lに低下した場合,減量 or 中止を考慮する.
血清K<3.0mEq/Lに低下した場合,中止し,K補充の必要性を検討する.

血液透析

目安としては,K>5.5mEq/Lが治療開始基準(原因が明らかな場合はまずは食事指導).
K>6mEq/Lなら,原因が明らかでも治療開始.

通常,1回5gを水で懸濁して非透析日に1日1回経口投与する(最高用量は1日1回15g).
*最大透析間隔後の透析前の血清カリウム値や患者の状態に応じて適宜増減する.

内服を忘れた場合

過量投与を防ぐために,次の服用予定時間に通常通り1回分の用量を服用する.

経鼻胃管投与

1)分包内の全ての薬剤を容器に開け,約25mLの水に懸濁した後,注入器に吸引.
2)注入器とチューブ(8Fr以上)を接続し,懸濁液を投与する.
・注入器の先端をやや上方に傾ける.
・注入器を動かしながら,投与する.
3)容器中の残薬を約15mLの水で懸濁し,2)と同様に投与する.
4)懸濁液投与後,約10mLの水でチューブをフラッシュする.

有害事象

浮腫などの報告あり.
→体重増加がないかチェックする.

エビデンス

国際共同第Ⅲ相試験→DIALIZE試験(血液透析)

P:維持血液透析を週3回施行中で高K血症治療が適応となる末期腎不全患者196名(日本人56名)
E:ロケルマ®1日1回投与(非透析日) 8週間
C:プラセボ1日1回投与(非透析日) 8週間

主要評価項目(奏功例の割合=K 4-5mEq/Lを維持)
最大の解析対象集団で41.2%
日本人集団で71.4%

HARMONIZE Global試験(保存期)

ロケルマ10gを1日3回48時間経口投与する補正期において,投与後24時間で血清K値0.8mmol/Lの低下.

維持期の投与8~28日目におけるロケルマ1日1回5g群,10g群の平均血清K値は,4.8mmol/L,4.4mmol/L.

タイトルとURLをコピーしました