副鼻腔気管支症候群 Sinus bronchial syndrome;SBS

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

慢性気管支炎などの慢性下気道感染症に慢性副鼻腔炎を合併した病態であり,咳嗽・喀痰・呼吸困難といった呼吸器症状および,膿性鼻汁等の副鼻腔炎症状を呈する症候群.

本邦では上気道の炎症性疾患である慢性副鼻腔炎に下気道の炎症性疾患である慢性気管支炎(chronic bronchitis;CB),気管支拡張症(bronchiectasis;BE),あるいはびまん性汎細気管支炎(diffuse panbronchiolitis:DPB)が合併した病態をいう.
・慢性副鼻腔炎を伴わない喫煙が原因の慢性気管支炎とは区別する.

何らかの免疫能低下,気道感染防御能の低下が存在するために,気道に慢性の細菌感染を来たし,また慢性下気道感染が進行すると,気管支拡張症の進展・慢性呼吸不全を来たす.

副鼻腔炎がベースにあることが大前提

診断

診断には鼻・副鼻腔の上気道と気管支・細気管支領域の下気道における好中球性気道炎症の存在を確認することが重要.
→鼻汁および喀痰塗沫標本中に好中球の増加を認めることが参考.

慢性気管支炎やびまん性汎細気管支炎では気管支肺胞洗浄液中の好中球増加が特徴的.

以下の1)~3)のすべてを満たす.
1)8週間以上続く呼吸困難発作を認めない湿性咳嗽
2)次の所見のうち,1つ以上を認める.
 ①後鼻漏,鼻汁,咳払いなどの副鼻腔炎様症状
 ②敷石状所見を含む口腔鼻咽頭における粘液性あるいは粘膿性の分泌液
 ③副鼻腔炎を示唆する画像所見
3)14・15員環マクロライド系抗菌薬や去痰薬による治療が有効

治療

マクロライド少量長期投与

治療の第1 選択薬は,SBS の一疾患であるびまん性汎細気管支炎に有用性が確立している14 員環マクロライド系抗菌薬の少量長期療法.
・投与後4 ~ 8 週間で鼻症状や呼吸器症状の改善状態を判断することが望ましい.

びまん性汎細気管支炎では,エリスロマイシン 600 mg/ 日の投与2 ~ 4 週間後より朝の1 時間喀痰量が減少しはじめ,2 か月後において有意な減少を認め,以後6 か月までの経過でさらに喀痰量が減少すると報告されている.

びまん性汎細気管支炎を除くSBS 症例(慢性気管支炎,気管支拡張症)に対するエリスロマイシン600 mg/ 日あるいはクラリスロマイシン400mg/ 日の4 週間投与の効果をみた報告では,投与後4 週目に粘膜線毛輸送機能の改善を認め,咳と喀痰量など呼吸器症状および鼻閉感や頭重感などの鼻症状の有意な改善が認められている.

タイトルとURLをコピーしました