疥癬 scabies

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

ヒゼンダニ(疥癬虫,Sarcoptes scabiei)が皮膚の角層に寄生し,人から人へと感染する寄生虫性疾患.

動物疥癬もあるが,人間が終宿主になることはない.

症候

好発部位は手指の指間,腋窩,鼡径部.陰部.

数十匹程度のダニの寄生による激しい痒みを伴う普通の疥癬(通常疥癬)と100-200万匹のダニの寄生が認められる角化型疥癬(痂皮型疥癬)とがある.

高齢者における難治性の湿疹やかゆみを伴う発疹をみたら、好発部位をまずチェックする必要がある(爪甲に入り込むことがある).
性感染症として若年者の陰部に生じる場合もあるが,小児でもしばしば陰部にみられることから,単純に手指から陰部へと伝搬する場合が多いと考えられる.

診断

ヒゼンダニを検出方するには,ダーモスコープあるいは10倍程の拡大鏡で疥癬トンネルを観察することである.
・トンネルの先端には顎体部と前二対の脚が黒褐色でその後方に続くほぼ透明な円形の胸腹部が観察できる(その際、手や指の手掌側の疥癬トンネルが観察しやすい).

治療

通常の疥癬では隔離の必要はなく,角化型疥癬患者のみ個室管理が必要.

患者が直接触れた寝具類は10分以上,50℃以上のお湯に浸すか,20−30分乾燥機で処理すれば,ダニを死滅させることができる.

イベルメクチン

ストロメクトール® 3mg錠
体重1kg当たり約200μgを1回内服
(15−24kg 1錠,25−35kg 2錠,36−50kg 3錠,51−65kg 4錠,66−79kg 5錠,≧80kg 約200μg/kg)

一般的にはヒゼンダニの卵が孵るのが3~4日,産卵から成虫までが10~14日であるため,イベルメクチンを200μg/kgを空腹時に1週間隔で2回内服すれば治癒する.
・角化型、免疫抑制などの状況により3回以上の内服を要する場合もある.

タイトルとURLをコピーしました