関節リウマチ

医学ノート(なすび用)

rheumatoid arthritis;RA

多発性の関節炎が増悪と改善を繰り返しながら,慢性に進行する全身性自己免疫疾患.

罹患関節では血管新生を伴う関節滑膜の増殖とそれに伴う軟骨・骨破壊が発症早期から生じ,関節機能が低下する.

間質性肺炎や血管炎などの様々な関節外病変をしばしば合併し,患者の予後を左右する.

適切な治療が行われなければ,ADLが障害され,罹病10年で3~5 割の患者が要介助になるとも言われている.

なすび専用のまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
ちゃんとした正書や情報提供サイトを強く推奨します.
当ブログは一切の責任を負いません.

疫学

30~50歳代の女性に好発し,男女比は1:4~5と圧倒的に女性に多い.
→近年,発症年齢の高齢化が顕著.

世界人口の約1%が罹患するとされるが,わが国における患者数は70~80万人と推定されている.

原因

根本的な原因は未だ明らかではない.

自己免疫反応に基づく慢性の炎症が全身の関節に生じる.

病態

軟骨・骨破壊は発症1~2 年の早期から進行する.
→治療介入の重要なタイミング(window of opportunity)

間質性肺炎や血管炎などの様々な関節外病変をしばしば合併し,患者の予後を左右する.

血管新生を伴う関節滑膜の増殖(パンヌス組織の形成)

・増殖した滑膜細胞からは軟骨・骨の重要成分であるコラーゲンやプロテオグリカンを分解するマトリックス分解酵素が大量に産生.
・増殖した滑膜細胞に加えて,それに浸潤する免疫担当細胞から産生される腫瘍壊死因子(tumor necrosis factor:TNF)やインターロイキン(interleukin:IL)-1,IL-6 等の炎症性サイトカインにより活性化された破骨細胞が,骨基質を溶かして骨を吸収.

軟骨・骨を侵食するように関節を破壊する

高齢発症関節リウマチ elderly onset RA;EORA

男女の頻度に差が少ない(男女比1:1~1.5).

急性~亜急性発症が多い.

発症時に肩・股など大関節の罹患が多い.
*EORAの20%程度がPMRの典型的な徴候を伴っている.

四肢近位筋の痛みを伴うことが多い.

微熱や体重減少など全身症状が強い.

炎症反応(CRP/ESR/フィブリノーゲン)が高い.

貧血や低蛋白血症を高率に伴う.

血清反応(RF/抗CCP抗体)陽性率が低い(40~60%).

医学ノート(なすび用)
スポンサーリンク
なすび院長

勤務医に疲れ,定期非常勤と投資でなんとかしのごうというひっそり医.
好きな分野は,糖尿病・腎臓病です!(゚∀゚)

ネット上で念願のなすびクリニックを作るも,今日も改装中で,いつ再開するのやら・・・
勉強好きで,私用に細々とまとめています.

妻:りんご
長女:いちご
次女:れもん
三女:みかん
事務長:かえる

なすび院長をフォローする
なすびクリニックは今日も改装中!
タイトルとURLをコピーしました