レム睡眠行動障害 rapid eye movement sleep behavior disorder;RBD

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

レム睡眠期に生じる睡眠時随伴症.
睡眠中に争ったり,逃れようとしたりする.

多くは悪夢に関連した行動異常,夢の行動化が起こり,時に患者自身やベッドパートナーが負傷する場合がある.

疫学

特発性RBDは,中高年の男性にみられる.

原因

二次性のRBDは,脳幹病変や薬剤使用でみられる.

病態

正常では,レム睡眠時に骨格筋緊張は抑制されているが,RBDでは,筋緊張の抑制障害(REM sleep without atonia)が認められる.

診断

夜間の異常行動を来たす疾患の鑑別として,てんかん,夜間せん妄ならびに低血糖を含む代謝性意識障害が挙げられる.

鑑別点として,原則として,RBDの場合は刺激による覚醒は速やかであり,夢の再生が可能.

診断には,睡眠ポリグラフ検査上のREM sleep without atoniaおよびレム睡眠中の行動異常が観察されるか,行動異常のエピソード聴取が必要.

RBDスクリーニング問診票日本版 RBDSQ-J

5点以上でRBD疑い

簡易であり,ある程度精度も高い.

タイトルとURLをコピーしました