心房期外収縮 premature atrial contraction;PAC

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

心房内に異所性興奮が発生し,洞性P波と異なる心房波(P)が,正常洞調律などの基本周期よりも早期に出現する.

1)通常,正常QRS波形を伴う.
2)PACは種々の心電図所見を示す.

不完全代償休止期 incomplete compensatory pause

PACと後続の洞性P波との間隔を代償休止期あるいは復原周期return cycleと呼ぶ.

1)PACは通常,洞結節内に侵入し,脱分極させ,新たに基本周期で始まる(resetさせる)ため,その連結期と代償休止期の和(PACをはさむ基本調律の周期)は洞周期より長くかつその2倍より短い.
2)PACの連結期がさらに短い場合,洞結節-心房の接合部の不応期に合い,間入性interpolatedとなる.
3)逆に連結期が長い場合,洞結節-心房接合部で洞結節からの興奮波とPACの興奮波とが衝突するためPACの連結期と代償休止期の和は基本周期の2倍と等しい(完全代償休止期).

その場合のPACは先行心拍のST-Tに重なり同定しにくいので注意が必要である.
また,洞房ブロックあるいは洞徐脈との鑑別が必要となる.

上室期外収縮 supraventricular premature beat

P波が明瞭でなく、判別が容易でない場合には、心房性と房室接合部性を合わせて上室性と称される

上室期外収縮は,予測される周期より早期に, 心房あるいは房室接合部の異所性興奮によりP’波が出現し,それに続くQRSが出現する.
1)異所性のP’波の形は洞調律と異なる.
2)P’波が早期に出現しそれに続いてQRSが出現するため, RR間隔はそれまでのRR間隔より短縮する.
3)QRSの形は通常のQRSとほぼ同じ.
4)洞結節は早期のP波の出現により一度リセットされるため,上室期外収縮は不完全代償休止期を伴う.
→上室期外収縮を挟むP波の間隔は正常PP周期の2倍以内である.

二段脈 bigeminy,三段脈 trigeminy

心室期外収縮と同様に,通常の収縮と期外収縮が交互に出現するものを二段脈,2回の通常収縮と1回の期外収縮が交互に出現するものを三段脈とよぶ.

二連発 couplet,三連発 triplet,short run

心室期外収縮と同様,上室期外収縮が2回連続して出現するものを二連発,3回連続して出現するものを三連発と呼ぶ.

1)どれだけ連発すれば上室頻拍であるかといった定義はあまいであるが, 3連発以上あるいは4連発以上をいうものが多い.
2)三連発以上をshortrunと呼ぶ.
上室期外収縮が連発した場合, 2発目以降でも先行する
3)P’波が認められることが多い.

非伝導性(ブロックされた)上室期外収縮 blocked SVPC

非常に早期に上室期外収縮のP’波が出現し,直前の正常QRSの強い不応期が残っているとき,上室期外収縮は房室接合部あるいはヒス束を通過することができず, 心室への興奮が出現しない.

1)一見, P波の出現の後にQRSが出現しないため,Ⅱ度房室ブロックとの鑑別も必必要.
・Ⅱ度房室ブロックはPP間隔が一定であるので鑑別は容易.
2)早期興奮のP’波はT波と重なることが多く,1つの誘導のみでは発見できないこともある.
・RR間隔が突然延長し,PP間隔が通常のPP間隔の2倍以内の時はブロックされた上室期外収縮であることが多い.

心室内変行伝導 ventricular aberrant conductionを伴う上室期外収縮

通常正常QRSを伴うが,連結期が短い場合,右脚の不応期に遭遇すると右脚ブロック,左脚の不応期に遭遇すると左脚ブロックが出現する.

P波が同定困難な場合にはPVCとの鑑別が重要となる.

症候

PACによる症状は動悸であり,また非伝導性PACの二段脈の場合には徐脈による易疲労感や動悸を訴える.

発作性心房細動の誘発

PACが心房の受攻期に入ると心房細動が惹起される.

心房T波(Ta)にほぼ一致し,R波あるいはS波の下行脚にある.

発作性上室性頻拍の誘発

PACによる房室結節あるいは副伝導路の不応期や伝導速度への影響により,房室結節リエントリー(房室結節二重経路dual pathwayを旋回路とする)や房室リエントリー(副伝導路を旋回路に含む)が誘発される.

心室頻拍や心室細動の誘発

房室結節の不応期が短く,伝導速度が速い場合,心室の受攻期に興奮が達すると心室細動や心室頻拍が誘発される.

稀.

治療

PACは基礎心疾患を有さない若年者にも多くみられ,その予後はよい.

通常は治療を要しない

基礎心疾患を有し,心房筋障害や心房圧上昇や心室拡張終期圧上昇など血行動態の増悪に伴う場合にはPACは頻発し,心房頻拍,心房粗動および心房細動を惹起させる.

生活指導

精神的また肉体的ストレス,飲酒,喫煙,カフェインなどPACの増悪,誘発因子を避けるように生活指導する.

薬物療法

1)PACによる動悸の症状が強く不安を伴う場合や心房細動を誘発する場合には,抗不整脈薬(ジソピラミドやフレカイニドなど)の適応となる.
2)運動により増悪・誘発される場合にはβ遮断薬を用いる.

タイトルとURLをコピーしました