多嚢胞性卵巣症候群 polycystic ovary syndrome;PCOS

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

希発月経や続発性無月経などの月経異常を主徴し,特有の臨床症状・卵巣の形態変化を伴う症候群.

疫学

生殖年代女性の5~10%に認められ,妊娠を希望する女性においては排卵障害による不妊症を引き起こす.
・月経異常の原因として頻度が高い.

病態

生活習慣病の発症リスクが高いことが知られているが,近年の検討から妊娠合併症や胎児異常のリスクも高めることが示されている.

耐糖能異常

インスリン抵抗性を示す.

原因は完全に解明されておらず,複数の成因に基づく.

診断

本邦のPCOS診断基準では月経異常,多嚢胞性卵巣,血中男性ホルモン高値 or LH基準値高値の3項目が必須項目とされており,これらを満たす症例は必然的に海外のPCOS診断基準(Rotterdam診断基準)を満たすことになる.

治療

排卵障害に対する排卵誘発薬としてクロミフェンが第一選択とされているが,海外の検討においてアロマターゼ阻害薬を用いた方が妊娠率および生産率が高いことが示されている.

タイトルとURLをコピーしました