持続知覚性姿勢誘発めまい Persistent Postual-Perceptual Dizziness;PPPD

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

最近,診断が困難であった立位・体動・視覚で誘発される持続時間の長いめまい症.

特徴

1)慢性の浮遊感
2)何らかの急性めまいエピソードが先行する
3)立位・体動・視覚刺激による症状の誘発が見られる
4)他の前庭疾患や精神疾患を合併する場合もあるが,これらの症状が合併する前庭疾患や精神疾患のみでは説明できない.

 PPPDの70%では前庭疾患など何らかの器質疾患が先行し,元から合併していたり続発した不安症などの心理要因により悪化しPPPDへ移行する.

 残りの30%は,急性の心理ストレスによる精神疾患が先行し,機能性疾患(PPPD)へ発展していく.

診断

PPPDは以下の基準A~Eで定義される慢性の前庭症状を呈する疾患.
診断には5つの基準全てを満たすことが必要.

A)浮遊感,不安定感,非回転性めまいのうち1つ以上が,3ヶ月以上にわたってほとんど毎日存在する.

1.症状は長い時間(時間単位)持続するが,症状の強さに増悪・軽減がみられることがある.
2.症状は1日中持続的に存在するとはかぎらない.

・症状は1ヶ月のうち15日以上存在する.
・ほとんどの患者は毎日あるいはほぼ毎日,症状を自覚する.
・症状はその1日の中で時間が進むにつれて増強する傾向にある。

B)持続性の症状を引き起こす特異的な誘因はないが,以下の3つの因子で増悪する.

1.立位姿勢
(起立あるいは歩行.立位姿勢の影響に特に過敏な患者は,支えのない座位で症状が増悪すると訴えることがある)
2.特定の方向や頭位に限らない、能動的あるいは受動的な動き
(能動的=患者が自ら起こした動作)
(受動的=患者が乗り物や他人によって動かされること)
3.動いているもの、あるいは複雑な視覚パターンを見たとき
(視覚的環境の中の大きな物体の場合もあり,あるいは近距離から見た小さな物体の場合もある)

・3つの増悪因子すべてを経過中に認める必要があるが,それらが同等に症状を増悪させなくてもよい.
・患者は前庭症状の不快な増悪を最小限にするために,これらの増悪因子を回避しようとする場合があり,そのような回避が見られたときはこの基準を満たすと考えてよい.

C)この疾患は,めまい・浮遊感・不安定感・あるいは急性/発作性/慢性の前庭疾患,他の神経学的/内科的疾患,心理的ストレスによる平衡障害が先行して発症する.

1.急性または発作性の病態が先行する場合は,その先行病態が消失するにつれて,症状は基準Aのパターンに定着する.
 しかし,症状は初めは間欠的に生じ,持続性の経過へと固定していくことがある.
2.慢性の病態が先行する場合は,症状は緩徐に進行し,悪化することがある.

D)症状は,顕著な苦痛あるいは機能障害を引き起こしている.

E)症状は,他の疾患や障害ではうまく説明できない.

タイトルとURLをコピーしました