経皮的血管拡張術 percutaneous transluminal angioplasty;PTA

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

上部移設などの外科的手術と比較して,血管の温存性に優れる.

手術中の患者の疼痛が強い.
頻回のPTAは医療費の高騰につながる.

適応基準

上記のいずれかを満たす場合

1)脱血不良や静脈圧上昇,止血困難などの症状がある.
2)病変の血管径が2mm以下
3)上腕動脈血流量が350mL/min以下
4)RIが0.65以上

方法

低圧 VS 高圧

低圧加圧によって内膜損傷を抑制することにより,高圧加圧に比較して良好な開存率が得られる. 透析会誌2014; 47: 401

YOROIバルーン(径4mm)を用いて,8atm vs 30atmとの比較で12ヶ月間の開存期間を比較した検討では,有意差を認めなかった(47% VS 49%,p=0.87). J Vasc Access 2018; 19: 477-483

タイトルとURLをコピーしました