肺吸虫症 paragonimiasis

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

○肺吸虫属(Paragonimus属)には30を超える種が存在し,そのうちヒトへの感染が報告されているのは10種であるが,疾患の原因となるのはウェステルマン肺吸虫(P. westermani)が最も多い.

疫学

○最も重要な流行地域は極東で,主に朝鮮半島,日本,台湾,中国の山岳地帯,およびフィリピン.
・西アフリカおよび中南米の一部にも,その他の肺吸虫の流行地域がある.

病態

○肺吸虫のヒトへの感染源は,第2中間宿主である淡水産のカニ(モクズガニ・サワガニ・上海ガニ)と待機宿主であるイノシシが知られている.
・感染はいずれも生あるいは調理不完全な状態で摂取することによる.

○患者の国籍によって感染源の違いがみられる.
・最近の日本人患者は猪肉の生食によって感染することが多い.
・中国人,タイ人などの外国人患者では,淡水産のカニを食材とする料理から感染することが多い.

タイトルとURLをコピーしました