NSAID潰瘍 NSAIDs ulcer

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

アスピリンなど非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)による潰瘍

risk factor

■High risk:出血潰瘍既往歴(特に最近),複数のリスク要因(3以上)
■Moderate risk:65歳以上,高用量NSAIDs,潰瘍既往歴,アスピリン・ステロイドもしくは抗凝固薬の使用
■Low risk:なし

症候

 心窩部痛、吐血、下血など.
 NSAID潰瘍ではその鎮痛作用により腹痛を訴えず,急な吐下血で発症する場合がある.
 最近内服している薬剤についてはすべて聴取する.

治療・予防

NSAID中止

 NSAID内服の場合は,可能な限り中止.

■COX-2選択的阻害薬(セレコキシブ)
 NSAID中止ができない場合.
 関節リウマチ患者を中心にした検討で,セレコキシブとロフェコキシブは,消炎鎮痛に関しては従来のNSAIDと同等である一方,胃潰瘍の発生は低率であった.
 長期投与では心血管系の副作用に留意する.

プロトンポンプ阻害薬 PPI

 第一選択.
 保険診療上,胃潰瘍で8週間,十二指腸潰瘍で6週間の投与.

H2受容体拮抗薬 H2RA

 NSAIDによる胃潰瘍の発生に関するメタアナリシスでは,常用量のH2RAが有効であるという根拠はない.
 予防的に使用する場合は,高用量の使用が妥当.

予防で使用するときは,PPIもH2RAも保険適応は再発抑制であり,潰瘍の既往の記載が必要

PG製剤

ミソプロストール サイトテック®
 PGの不足分を補う.
 予防に関するミソプロストールの有効性はメタアナリシスで証明されている.
 しかし,消化器系の副作用,特に下痢の頻度は800㎍/日で高い.
→低用量(400-600㎍/日)の使用が望ましい.
 妊婦には禁忌!
 PPIに比較するとその有効性は低い。

H.pylori除菌

 NSAID 内服継続が必要な場合,H.pylori陽性であれば除菌が潰瘍再発予防に勧められる.
 H.pylori陽性のNSAID潰瘍の場合は,活動期に除菌を行うと,潰瘍治癒率が落ちるとの報告があり,治癒確認後に除菌療法を考慮する.

タイトルとURLをコピーしました