ミネラルコルチコイド反応性低Na血症 Mineralocorticoid-responsive hyponatremia of the elderly;MRHE

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

・高齢者でみられ,腎性Na喪失(遠位尿細管での再吸収低下)により軽度の脱水を伴う低ナトリウム血症をきたす.

低Na血症,低ナトリウム血症 hyponatremia
血清ナトリウム(Na)濃度が 135mEq/L 未満の状態いくつかの例外を除けば,血漿浸透圧(張度)の...

疫学

・高齢者の低Na血症の約1/4をMRHEが占めると報告がある.

病態

■加齢による遠位尿細管のアルドステロン反応性の減弱が原因と考えられている.
RAA系の反応性低下による腎でのNa保持機能の作用不全
→体液保持のために代償的にADH分泌が亢進し,腎集合管における水再吸収が増加し,低Na血症が進展する.
→尿中Na排泄が増加し,循環血漿量が軽度低下するが,RAA系のフィードバック機構が鈍化しており,十分に活性されないため,二次的に循環血漿量の低下を来す.
→高齢者では動脈硬化による血管壁の弾力性低下などの影響で循環血漿量の低下を正確に反映できず,レニン活性は上昇しにくい.

診断

・低Na血症,低浸透圧血症,相対的高浸透圧尿症を認め,低浸透圧血症にも関わらず血漿アルギニンバゾプレシン(AVP)が相対的高値,すなわち測定感度以上となる.
・低Na血症,尿中Na排泄の相対的過剰,低尿酸血症とSIADHに類似するが,脱水を合併する点が異なる.
→SIADHと同様に水制限を行うと,脱水が顕在化して,血圧が低下する危険性がある.

治療

・高齢者の低Na血症でACEI、ARB使用例ではまず中止する.
・水分,塩分の補充.
・高血圧や高度の冠動脈疾患などの禁忌がなければ,フルドロコルチゾン(フロリネフ®) 0.1~0.3mg/dayにより,数週で低Na血症と脱水が改善する.
 高血圧症,低K血症,冠動脈の発現に注意.

*水制限は禁忌
*低Na血症の回復には時間がかかることが多いと考えられており,高塩分食などの補助療法を行い,常に体液量評価のfollow upを行うことが重要.

タイトルとURLをコピーしました