僧帽弁狭窄症 mitral stenosis;MS

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

原因

これまでは原因としてはリウマチ性がほとんどであったが,近年はリウマチ熱の減少に伴い,弁輪の高度石灰化を伴う変性MSの頻度が増加している.

病態

原因によらず,左房拡大と左房圧上昇が主であり,肺高血圧症をきたしやすい.

周術期の管理

1)左房圧の過度な上昇を防ぎ,心拍出量が維持できる程度に輸液を行うことが肝要.

2)洞調律症例が心房細動化した際には,電気的除細動を考慮する.

3)左心耳内血栓が好発するため,たとえ洞調律であっても術前抗凝固療法は必須.

4)有意狭窄のないMS(弁口面積>1.5cm2)や無症状および肺高血圧非合併例(肺動脈収縮気圧<50mmHg)の場合は,安全に非心臓手術を行うことが可能.

5)有症状や肺高血圧合併症例(肺動脈収縮気圧>50mmHg)では,非心臓手術が高リスクの場合,術前に経皮的僧帽弁裂開術(percutaneous transluminal mitral commissurotomy;PTMC)を考慮する.

歯科治療時のIE予防

中等度リスク

予防的抗菌薬投与が提案される.

タイトルとURLをコピーしました