腸間膜虚血 mesenteric ischemia

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

腸管血流の低下の速さや程度により腸管虚血や壊死をきたす.

急性発症の場合は,上腸間膜動脈閉塞症や非閉塞性腸間膜虚血(non‒occlusive mesenteric ischemia;NOMI),虚血性腸炎などが鑑別にあげられる.

腹部内臓動脈の狭窄または閉塞に伴い支配領域の腸管における間欠的な虚血症状を呈する慢性的な腹部内臓動脈の虚血は,腹部アンギーナと呼ばれる.

動脈硬化や不整脈などの心血管系合併症に起因するものが最も多い.
→慢性腎不全,特に透析患者においては,動脈硬化症病変の合併率がさらに高く,腸管虚血をきたしやすい状況にある.

腸管動脈が閉塞した場合には,広範な腸管壊死により致死的となるために注意が必要.

上腸間膜動脈閉塞症

血栓や塞栓による器質的な動脈閉塞により腸間膜虚血が進行する.

非閉塞性腸間膜虚血 non‒occlusive mesenteric ischemia;NOMI

主幹動静脈の器質的閉塞を伴わずに腸管虚血あるいは腸管梗塞を生じる).

発生機序としては心拍出量の低下や循環血液量の減少が臓器血液量を低下させ,その結果,交感神経の過剰反応により腸間膜動脈の攣縮を惹起して腸管組織の低酸素血症,再灌流障害を引き起こすとされる.

透析患者では自律神経障害による圧受容器反射の異常や末梢血管反応性の低下,透析中の体外循環などにより血圧低下をきたしやすく,心疾患や糖尿病,動脈硬化など NOMI の危険因子を有していることが多い.

腹部アンギーナ

慢性的な腹部内臓動脈の狭窄または閉塞に伴い支配領域の腸管における間欠的な虚血症状を呈する.

原因の約半数が動脈硬化症であり,その他には血管炎,大動脈瘤,筋線維形成異常などがある.

臨床症状は,腹痛(特に食後),体重減少,悪心・嘔吐,便通異常,腹満などの消化器症状が多い.

透析患者では消化性潰瘍,便通異常などの腸管機能障害,下血,消化管穿孔,イレウスなどが報告されている.

虚血性腸炎

多くが一過性の腸管壁内の微小循環障害が原因とされるが,時に壊死型虚血性腸炎へと進展する.

通常は左側結腸が好発部位であるが,透析患者では右側結腸が好発部位と報告されている.
いずれの場合にも腸管壊死や消化管穿孔などへ発展すれば重篤化し,予後不良となる.

タイトルとURLをコピーしました