更年期障害 menopausal symptom

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

卵巣機能の低下に起因したエストロゲン濃度の減少に加え,社会的,環境的要因が複雑に絡み合って,自律神経失調症状や精神神経障害症状などのさまざまな不定愁訴が出現する症候群.

生理

更年期とは生殖期と非生殖期の間の移行期で年齢的には45~55歳頃をさし,卵巣機能が低下して消失する時期に相当する.

小児期における卵巣機能は未熟であるが,10歳前後からエストロゲン産生を開始し,初潮を迎える.
卵巣からのエストロン(E1),エストラディオール(E2)の分泌は20~30歳代でピークを示し,以後緩やかに漸減し,閉経の時期に一致し,急激に減少する.

エストロゲン濃度は20~30歳代頃にピークとなり,40歳を超えると徐々に低下し始め,50歳頃に閉経を迎え,それ以後低値となる.
・閉経前のエストロゲンはE2が主であるが,閉経後はE1が中心となる.
・エストロゲンの低下に伴い,下垂体ゴナドトロピンである黄体形成ホルモン(Luteining hormone;LH)と卵巣刺激ホルモン(follicular stimulating hormone;FSH)は上昇し始めるが,FSHの上昇がLH よりも顕著.

病態

更年期障害の症状は熱感,のぼせ,心悸亢進,発汗,不眠などを中心とした自律神経失調症状と不安感,抑鬱,恐怖感,疲労感などが中心の精神神経症状の2つに分けられる.

エストロゲン欠乏はいずれの症状にも関与するが,自律神経失調症状の出現との関連性が強い.
精神神経症状はホルモンの変化以外にも心理的,環境的要因が強く関与する.

更年期障害は一定の時期を過ぎると沈静化するが,閉経後10~15年間経過してから,骨粗鬆症による骨折や心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患の発症が多くなることがわかっている.

自律神経失調症状

更年期にまず出現するのがホットフラッシュや発汗などに代表される血管運動神経症状.

機序

詳細ははっきりわかっていない

卵巣機能の低下(内因性エストロゲン濃度の低下)
↓ negative feedback機構
視床下部は持続的な機能亢進状態
 視床下部からLH-RHの過剰放出(自律神経中枢に影響する)
 下垂体からゴナドトロピンの過剰放出

心理的および環境的な要因

大脳皮質-大脳辺縁系を刺激→視床下部の自律神経中枢に影響

血中エストロゲン濃度の減少

代謝産物であるカテコールエストロゲンが減少

カテコールアミンの合成が亢進し,受容体レベルでカテコールアミン優位になる

LH-RHとLHの拍動性分泌が促進し,体温中枢も刺激される

エストロゲン濃度の低下

血中カルシウム濃度の上昇

血管拡張作用を有するcalcitonin gene-related peptide(CCRP)が末梢神経末端から過剰分泌

血管が拡張(のぼせ,ほてりなどの症状が出現)

精神神経症状

脳内モノアミン神経伝達物質であるドーパミン,ノルアドレナリン,セロトニンなどが抑鬱の発症と関連することが報告されている.

エストロゲン濃度の低下

モノアミンオキシダーゼの分解を抑制

セロトニン濃度に影響

精神科的疾患との鑑別

症候

更年期障害の不定愁訴は,多様性で変化しやすく,症状の程度を定量的に評価することは極めて困難.
→定量化する目的で,クッパーマン更年期指数が考案された.

クッパーマン更年期指数

ほてりや発汗などの血管運動神経障害様症状,手足のしびれなどの知覚障害様症状,不眠,神経質,憂鬱,めまい,全身倦怠関節,筋肉痛,頭痛,心悸亢進,蟻走感の11項目に分類される.これらの11の症状群についてそれぞれ重症度を0(無),~3(強)の4段階に分類し,各症状に重み付け(factor)を割り当て,factorと重症度の積を求め,11症状の積を加算することで更年期指数を求めることができる.

血管運動神経障害様症状のfactor は4と最も高く,最も重要な症状.

血液検査

E2,FSHを測定する

更年期障害はエストロゲン濃度が低下する時期から発症するため,血中E2濃度が低値で下垂体ゴナドトロピンのFSH 濃度が高値になる.

更年期を明確に診断する基準値はないが,1年以上無月経で,E2が10pgmL 以下,FSH が常に30mIUmL 以上を示す場合,閉経と診断される.

治療

更年期障害の程度や持続期間には個人差があるものの閉経後約5年程度で症状は徐々に沈静化してくる.

対話療法

患者を取り巻く環境,悩みごと,家庭内の問題など話を聞くことによって症状はかなり緩和される.

精神神経症状が主な場合,精神的ストレスが主要因のことが多いが,エストロゲン欠乏が原因のこともある.

薬物療法

自律神経障害のようにエストロゲン欠乏が直接的原因と考えられる症状には,基本的にホルモン療法(HRT)が有効である.
→閉経前で月経を有する女性,すなわち卵巣機能がいまだ温存されている有経女性にはHRT は控える

ホルモン補充療法 hormone replacement therapy;HRT

症状がほてりや発汗など血管運動神経症状が中心の場合にはHRT が著効する.

不眠,腟乾燥感,記憶力低下,頻尿,精神的症状,睡眠障害,関節痛,四肢痛改善などにも効果がある.

抗不安薬,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

不安が強い場合には抗不安作用の強いクロチアゼムが,不安に加え,頭痛や肩こりなどの症状を訴える場合には筋弛緩作用のあるエチゾラムが有効である.
抑鬱を中心とする症状の場合にはSSRI が適応となる.

漢方薬

タイトルとURLをコピーしました