仮面高血圧 masked hypertension

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

診察室血圧が正常域血圧であっても,診察室外の血圧では高血圧を示す状態

診察室血圧の平均が,収縮期血圧140mmHg未満 and 拡張期血圧90mmHg未満で,家庭血圧が収縮期血圧135mmHg以上 and/or 拡張期血圧 85mmHg以上,もしくはABPMでの24時間平均血圧が収縮期血圧130mmHg以上 and/or 拡張期血圧80mmHg以上である場合.

仮面高血圧には,早朝高血圧,夜間高血圧,昼間高血圧が含まれる.

治療中患者の仮面高血圧は,治療中仮面高血圧と記載する.
(欧米ではコントロール不良仮面高血圧と呼ばれている)

仮面高血圧は,非高血圧を示す一般住民の10~15%,降圧治療中でコントロール良好な140/90mmHg未満の高血圧の9~23%にみられる.

病態

仮面高血圧の臓器障害と脳心血管病イベントのリスクは,非高血圧や白衣高血圧と比較して有意に高く,持続性高血圧患者と同程度.

ハイリスク群

1)降圧療法中にあるすべての高血圧患者
2)高値高血圧(130-139/80-89mmHg)
3)喫煙者
4)アルコール多飲者
5)精神的ストレス(職場・家庭)が多い者
6)身体活動度が高い者
7)心拍数の多い者
8)起立性血圧変動異常者(起立性高血圧,起立性低血圧)
9)肥満・メタボリックシンドロームや糖尿病を有するもの
10)臓器障害(特に左室肥大)や心血管疾患の合併例

早朝高血圧

診察室血圧が140/90mmHg未満の場合で,早朝に測定した家庭血圧の平均値が135/85mmHg以上

夜間高血圧から移行するタイプと,朝方に急峻に血圧が上昇するサージタイプがあり,ともに臓器障害や脳心血管病イベントのリスクになる.
→将来の脳卒中や,後期高齢者の要介護リスクが高くなる.

■影響を与える因子
・アルコール,喫煙
・寒冷
・起立性高血圧
・血管スティフネスの増大
・持続時間の不十分な降圧薬

昼間高血圧

診察室血圧や家庭血圧が正常域でも,職場や家庭の血圧にさらされている昼間の時間帯のABPMの血圧平均値や職場での血圧値が,再現性よく,135/85mmHg以上の場合

肥満や高血圧家族歴の人に多いという特徴がある.

■影響を与える因子
・職場での精神的ストレス
・家庭での精神的ストレス
・身体的ストレス

夜間高血圧

ABPMまたは家庭血圧計で測定した夜間血圧の平均が120/70mmHg以上の場合

夜間血圧は昼間血圧よりも変動幅が少なく,その平均値の増加は,より強く脳心血管病イベントのリスク増加,認知・身体機能の低下と関連している.

■影響を与える因子
・循環血液量の増加(心不全,腎不全)
・自律神経障害(起立性低血圧,糖尿病)
・睡眠時無呼吸症候群
・抑うつ状態
・認知機能低下
・脳血管障害

治療

・ABPMを実施し病態を把握した上で降圧治療の計画を立てることが重要である.
・降圧治療中の患者の約30%にみられたと報告されており,家庭血圧に基づいた降圧管理が重要である.
・二次性高血圧が見逃されていないか,改善すべき生活習慣がないかなどの原因究明も重要

タイトルとURLをコピーしました