輸液計画 infusion plan

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

基礎知識

体液区画

体内水分量:体重の60%
 細胞内液=体重の40%
 細胞外液=体重の20%[間質液15%,血管内液5%]

体液分布
水は常に浸透圧によって移動するため,細胞外液量はNa量によって決まる.

浸透圧

細胞膜は水を自由に通過させるが,電解質を通さない半透膜であり,水が濃度勾配に従って移動しようとする力を浸透圧という.
細胞内外の体液分布を規定

・輸液は原則として,血漿と等張の溶液を用いる.
・高カロリー輸液などでは,高浸透圧の溶液がある.
・低浸透圧の溶液は用いない!(溶血する危険)

血漿浸透圧
 2×Na+(グルコース/18)+(BUN/2.8)
 およそ286-288mOsm/kgH2O

生理食塩水
 NaCl 0.9% Na 154 mEq/L(食塩9g/L)
 浸透圧 308 mOsm/kgH2O
 細胞外液の代用

5%ブドウ糖液
 Glu 50 g/L=278 mmol/L
 浸透圧 278 mOsm/kgH2O
 水そのものの代替

膠質浸透圧

血管内外の体液分布を規定

・毛細血管壁は水,電解質は通過させるが,蛋白質は通さない.この蛋白分子によって生じる力を膠質浸透圧という.

輸液の電解質濃度

電解質=水に溶けるとイオン化するもの

1mEq=1mmol×イオン価数
1mEq/L=1mmol/L×イオン価数=原子量or分子量mg/dL×イオン価数

基礎輸液量 Basic allowance

尿 Urine

畜尿
基本は尿量測定.
理想は畜尿でNa,Kを提出.なければ,随時尿で代用.

尿生化学の大体の正常値はNa 50,K 40,Cl 90.
・脱水があって,再吸収が上昇すれば,Na 20,K 50,Cl 30.
・利尿薬投与時は,Na・Clが強制排出されているので注意!
・急性尿細管壊死がある場合は,データが乱れる.

予測尿量
尿量測定ができない場合.病態に応じ,確保したい尿量がある場合.
正常では尿量は大体1000mLから1500mL.
尿生化学は正常値に準じて計算.

尿生化学の単位はmEq/L

不感蒸泄 insensible perspirationtransepidermal water loss;TEWL

皮膚と呼気中からの水蒸気の排泄.

・通常は約15 mL/kg/日で電解質は含まない.
・体温が上がると増加する.
 38℃→+100mL,39℃→+200mL,40℃→+300mL,41℃→+400mL
・多量の発汗がある場合にはさらに増加する.

・挿管している場合は1/10に減らす.

代謝水

・食物を代謝した際に産生される水.
・約 5 mL/kg/日.通常の食事では300mL程度.

不感蒸泄-代謝水=約10 mL/kg/日

消化液 Gastrointestinal loss;GI loss

正常の便であれば,200mLで計算

それ以外のlossがある場合は,以下から計算

体液の組成

補正輸液 Correction

通常の病院食では,水分1000mL,塩分6~9g(塩分1gでNa 17mEq),K 3000mg(40mEq).
これに飲水量が加わる.

輸液量=基礎輸液量+補正輸液-経口摂取量
正常値への完全補正ではなく,まずは安全域内への移行をめざす.

緊急性がなければ,1/3〜1/2補正した後に再評価し,次の補正量を決定する.

成人の1日水分必要量 約2500mL
→代謝水 300mL,食事1000mL,飲水1200mL

血清Na濃度に応じた自由水補正(mL)
(140-Na)×実測体重×0.6×1000/140を3~5日間かけて補正.

Na

ナトリウムバランスの観点からは,1日NaCl 3~5gあれば十分.

4gにして,1日70mmol程度.

Na投与をマイナスバランスにする場合
心不全,肝硬変,ネフローゼ,腎不全,高血圧,高齢者など

血圧上昇,浮腫,心拡大,胸水,座位での頚静脈怒張

Na投与をプラスバランスにする場合
脱水,SIADHの疑いがある場合,保存期の慢性腎不全,高齢者など尿の濃縮障害がある場合
・Na投与が少なすぎると,抗利尿ホルモンが多量に分泌されているので,腎臓は自由水を排泄できず,低Na血症をきたしてしまう.

血圧低下,頻脈,頚静脈の臥位での虚脱,口渇,皮膚乾燥,舌乾燥,BUN上昇

補正するときは,生理食塩水500mL単位で増減.
3~5日かけて補正.
平常時の体重が参考材料になる.

K

数時間
・ Kバランスに異常がない場合は,原則として不要.

数日の輸液
・尿中へのカリウム排泄は,遠位尿細管で分泌されたものであり,腎臓は血清のカリウムを維持しながら,尿中への排泄を減らすことができない.
→Kバランスに異常がない場合は,1日40mmolは投与する.

Kが正常範囲にない場合
KとpHを測定し,下記の表をみて,補正する.

体内カリウム容量の推定(mEq/kg)
 正常→男45 女35
 中等度に消耗→男35 女32
 非常にやせている→男23 女20

血液

ヘモグロビン,ヘマトクリット

H+

pH 7.20以下のアシドーシスがあれば,CO2が抜ける環境でメイロンを使用する.

必要NaHCO3(mEq)=BW×BE×0.1~0.2

タイトルとURLをコピーしました