インクレチン INtestine secretion INsulin;INCRETIN

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

経口摂取したさまざまな栄養素に応答して,消化管内分泌細胞から分泌され,血糖依存的にインスリン分泌を促進するホルモンの総称.

インクレチン効果
健常人においてブドウ糖の経口投与は経静脈投与に比べてインスリンの分泌量が多い
→糖尿病がすすむと効果が弱っていく.

GLP-1:glucagon-like peptide-1

主に下部消化管に局在するL細胞から分泌される.

高血糖が持続するとGLP-1受容体がダウンレギュレーションし,作用が減弱する.
・高血糖毒性を解除すれば,改善する.

膵β細胞に存在するGLP-1受容体に結合し,アデニル酸シクラーゼ活性化を介して,cAMPを増加させ,ブドウ糖反応性のインスリン分泌を増強する(増幅経路).

GIP:glucose-dependent insulinotropic polypeptide

主に十二指腸および空腸を中心とした上部消化管に局在するK細胞から分泌される.

K細胞とL細胞はともに消化管上皮に存在する開放型消化管内分泌細胞(open-type enteroendocrine cells)の一種で,その細長い突起を消化管内腔に突き出していることから,消化管内腔に入ってきた栄養素を感知してホルモンを分泌すると考えられてきた.

脂肪酸,特に飽和脂肪酸の摂取量が多いと,GIPの脂肪蓄積作用により体重が増えやすくなる.

DPP-4:dipeptidyl peptidase-4

インクレチンホルモンの不活化を行うセリンプロテアーゼ.

全身に広範囲にわたって発現し,可溶型として血漿中に,あるいは膜表面の糖蛋白として小腸粘膜の上皮細胞や血管内皮細胞,リンパ球の表面に存在している.
→インクレチンホルモンは生体内ですみやかに分解され不活性型になる.

DPP-4は数多くの生体内の基質の活性化,不活化に関わっており,その基質は身体中の多くの臓器に影響を与える.
①代謝系システム:GLP-1およびGIPの不活化,PPAR-γの不活化,SREBP-1の活性化など)
②免疫系システム:T細胞の活性化および増殖,免疫グロブリンの産生,サイトカインの調節,アポトーシス,IL-2およびIFN-γの産生など
③心血管系システム:SDF-1α,CXCR4,BNP,GLP-1,VIP,G-CSF,NPYなどの調節を通じて,内皮前駆細胞の増加,血管拡張,冠血流増加,心臓モデリングなど
→関節リウマチ,細胞接着や癌など広範にDPP-4は関与している.

肥満者では脂肪細胞からDPP-4が分泌され,筋肉や脂肪におけるインスリン感受性を低下させる.

タイトルとURLをコピーしました