封入体筋炎

スポンサーリンク
なすび医学ノート

inclusion body myositis;IBM

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

高齢者,男性に多く,潜行性の発症で,症状は緩徐に進行して診断に苦慮することがしばしば.

近位筋とともに遠位筋が障害され,血清CKの上昇は軽度.
・大腿四頭筋や手指屈筋群が障害されやすい特徴がある.

自己抗体として,ヌクレオチドの糖とリン酸との結合を加水分解する酵素のcytosolic 5′-nucleotidase 1A(cN1A)に対する自己抗体が報告されている.

病理学的に壊死・再生像は乏しく,筋線維内に縁取り空胞(rimmed vacuole)や核内・細胞質内の線維状封入体の存在が特徴的.

副腎皮質ステロイドや免疫抑制薬による治療は無効.
→運動療法/作業療法や装具の活用や機能の維持が推奨されている.

なすび医学ノート
スポンサーリンク
なすび院長

医療に疲れ、現場から離れたどろっぽ医ε- (´ー`*) フッ
ネット上で念願のなすびクリニックを作るも,今日も改装中で,いつ再開するのやら・・・
医学勉強などの日々のことをまとめています。
なんちゃって内科・糖尿病・腎臓病専門医です!(゚∀゚)

健康が一番の節約になる!これがモットー。
健康のためには、「自分を大切にすること」「生活習慣を見直すこと」「健診を受けること」が3本柱です!

妻:りんご夫人
長女:いちご
次女:れもん
事務長:かえる

もう少しで3児の父。とにかくかわいいε- (´ー`*)
twitterやっています(余裕がでてくるまで鍵垢)↓

なすび院長をフォローする
なすび院長をフォローする
なすびクリニックは今日も改装中!
タイトルとURLをコピーしました