高血圧症 降圧薬

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

脳心血管病の発症予防効果は,降圧薬の種類によらず,降圧度の大きさに比例することが大規模臨床試験のメタ解析が示されている.

降圧薬の選択

Ca拮抗薬,ARB,ACE阻害薬,利尿薬,β遮断薬の5種類の主要降圧薬は,いずれも脳心血管病抑制効果が示されている.

Ca拮抗薬 Ca blocker
細胞外Caイオンの流入に関わる膜電位依存性L型Caチャネルを阻害することにより,血管平滑筋を弛緩し,末梢血管抵...
アンジオテンシン受容体遮断薬 angiotensin receptor blocker;ARB
1)本邦ではCa拮抗薬に次いで使用されている.2)単独もしくはCa拮抗薬,利尿薬と併用され,Ⅰ度~Ⅲ度の高血圧...
アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬) angiotensin-converting enzyme inhibitor;ACEI
薬理アンジオテンシンⅠ(AngⅠ)をアンジオテンシンⅡ(AngⅡ)に変換する酵素であるACEを阻害する...
直接的レニン阻害薬 direct renin inhibitor;DRI
レニン-アンジオテンシン系(RAS)サイクルの起点となるレニンを強力かつ選択的に阻害することにより,アンジオテ...
利尿薬 diuretic drug
病態別の考え方高血圧症利尿薬は本来多い体液量,高い血圧でなければ排泄できないNa+量を,もっと...
α遮断薬 alpha-blocker
血管平滑筋細胞膜に存在する交感神経末端のカテコールアミンのα1受容体を選択的に遮断することにより,血管拡張作用...
β遮断薬 beta-blocker
心筋β1受容体遮断による心拍数減少と心収縮力抑制による心拍出量の低下,腎臓のレニン分泌を促進するβ1受容体を遮...
マイナーな降圧薬
RA系阻害薬,Ca拮抗薬,サイアザイド利尿薬を使用しても降圧目標に到達しない場合に,MR拮抗薬,β遮断薬,α遮...

積極的適応

主要降圧薬の積極的適応

副作用と禁忌

降圧薬の副作用と禁忌

副作用が増強する組み合わせ

β遮断薬と非ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬→心臓抑制増強作用

ARB/ACE阻害薬とMR阻害薬→高K血症増強作用

中枢性交感神経抑制薬とβ遮断薬→離脱症候群の易発現性

使い方

まずは単剤を少量から開始

・投与した降圧薬の副作用が出現したり,ほとんど降圧効果が得られない場合には他剤に変更する.
・Ⅱ度以上(160/100mmHg以上)の高血圧の場合は,通常用量の単剤もしくは少量の2剤併用から開始してよい.
・配合剤は保険適用上,第一選択薬となっていない.

積極的適応がない場合の高血圧に対しては,Ca拮抗薬・ARB・ACE阻害薬・利尿薬の中から選択する

不十分であれば,増量するか,他の種類の降圧薬を少量併用する

・降圧薬の量を倍増するよりも,種類の異なった他の降圧薬を少量ずつ併用するほうが良好な降圧効果が得られ,脳心血管病リスクを減らせる.

【推奨される2剤の組み合わせ】
ARB/ACE阻害薬+Ca拮抗薬
ARB/ACE阻害薬+利尿薬
Ca拮抗薬+利尿薬
ARB/ACE阻害薬+β遮断薬 or 利尿薬(心不全合併)

2剤を併用しても降圧目標に達しない場合は3剤を併用する

【推奨される3剤の組み合わせ】
ARB/ACE阻害薬+Ca拮抗薬+利尿薬
ARB/ACE阻害薬+β遮断薬+利尿薬±MR拮抗薬(心不全合併)

さらに必要により4剤を併用する

MR拮抗薬,β遮断薬,α遮断薬,直接的レニン阻害薬,非ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬,中枢性交感神経抑制薬,ヒドララジン

注意点

1日1回服用の薬剤を選択

1)長期にわたる服用を容易にする.
2)家庭血圧や24時間血圧測定で得られたトラフの血圧が高値の場合,朝晩の2回に分服したり,晩や就寝前に追加投与することを試みる.

降圧速度

1)降圧目標に数カ月で到達するくらいの緩徐なほうが副作用もなく望ましい.
・特に,血圧調節機能が減弱している高齢者では,急激な降圧は避けるべき
・脳心血管病発症リスクが高い場合は,数週以内に降圧目標に到達することが望ましい

季節の変動性

1)夏季には血圧が低下する患者では,一時的に降圧薬を減量あるいは中止を考慮する.
2)冬季には血圧が上昇して,増量や再投与が必要になることも少なくない.

タイトルとURLをコピーしました