高アリカリフォスファターゼ血症(高ALP血症) hyperalkaline phosphatasemia

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

血清アルカリフォスファターゼ(alkaline phosphatase;ALP)は,CKDの領域では特に骨代謝における骨形成マーカーとして日常診療の重要な指標になっている.
→この場合は骨分画の評価が必要

ALPには血液型によって出現が異なる小腸分画の存在がある.
→今までは小腸型への反応性が高い緩衝液を使用した日本臨床化学会法(Japanese Society of Clinical Chemistry;JSCC法)が採用されてきたが,2020年~ALP測定の小腸型の問題点を踏まえ,測定法が国際臨床化学連合(International Federation of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine;IFCC)法に徐々に変更されている.

小腸分画は腎不全,糖尿病,肝硬変で増加し,さらに食事(特に脂肪食)による影響を受ける.
→小腸型(ALP5),骨型(ALP3),肝型(ALP1とALP2)を正確に評価することが重要.
・血液型の相違によりその活性値が変動し,B型・O型の分泌型がそれ以外の血液型に比べて高値をとり,特に脂肪食後にその傾向が強い.
・脂肪食前後でほとんど量が変動しない高分子小腸型ALP(HIAP),食後に急激に上昇するノーマル分子サイズ小腸型ALP(NIAP)の2種類のアイソフォームがある.
・腎不全では,脂肪食後の吸収に伴い,小腸粘膜から胸管リンパ管を経て大循環系に入るが,その脂肪代謝の遅延により上昇するとされる.

小腸型に対する臨床的な対応は,血液型のA型・AB型では基本的に考慮の必要はない.
小腸型の上昇は臨床的な意義はない.
腎機能正常例では,総活性の軽度の上昇と基準範囲内を変動する例で小腸型ALPの存在を疑うとされる.

タイトルとURLをコピーしました