HIV感染症 human immunodeficiency virus

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

〇感染初期の急性期においては,約40~60%に発熱等のさまざまな症状を発症するとされている.

○HIVに感染すると徐々に免疫不全が進行していき,さまざまな合併症を発症するようになり,AIDS(acquired immunodeficiency syndrome)と呼ばれる.
・本邦では,23 の日和見感染症や悪性疾患を「AIDS指標疾患」と定め,これらの病気を発症した時点でAIDS発症と診断している.

病態

Kaposi肉腫

画像など(他サイト)

○AIDSなどの免疫不全状態の患者の下肢に好発する脈管系腫瘍で,病理学的に紡錘形細胞の増殖と微小血管の増生を特徴とする.
○発症にはヒトヘルペスウイルス8型(HHV8)が関与する.
○紫色がかった褐色の斑,紫褐色の丘疹,結節を形成する.
○皮膚だけでなく,粘膜,リンパ節や他臓器にも発症する.
○AIDS患者の約10%に認められ,日本での発症は,ほとんどが男性同性愛患者に発症したAIDSの症例である.

治療

原則

1)血中ウイルス量と検出感度以下の維持する.
2)2種類以上の異なる薬剤を最低3剤使用する.
3)免疫機能が回復しても治療を生涯続ける必要がある.

○かつてはプロテアーゼ阻害薬がよく用いられてきたが,近年では副作用・相互作用がより少ないインテグラーゼ阻害薬の推奨度があがっている.

逆転写酵素阻害薬

核酸系:NRTI

非核酸系:NNRTI

プロテアーゼ阻害薬 PI

○薬剤相互作用や脂質異常症・消化器症状などの副作用が他の抗HIV薬より多い.

インテグラーゼ阻害薬 INSTI

侵入阻害薬

タイトルとURLをコピーしました