総合内科専門医試験 体験記2019

スポンサーリンク
試験対策

合格率50%!?その中身は?

2019年9月8日
第47回 総合内科専門医試験
試験会場 五反田TOCビル
試験時間 9:00~16:40

第1時限 120分( 9:00 - 11:00) 85問
休憩 60分(11:00 -  12:00)
第2時限 120分(12:00  –  14:00)  85問
休憩 40分(14:00 -  14:40)
第3時限;120分(14:40 -  16:40)  80問

 トータル250問で,出題範囲は幅広い.
 臨床をしていると、問題の診断までたどり着くのは難しくはないが、問われる知識の内容が難しい。
 マニアックなところや最新の知識まで問われる。
 何となくのイメージでいると正解まで辿り着くのは難しいので、記憶力が試される。

 正直、かなりの広範囲の疾患が出題範囲であり、正確な記憶力も問われる。
 それに加えて、急性期病院で勤務していないときついであろう臨床問題もちらほら。
 直前のみの刷り込みでは浅いと思う。
 若い人ほど有利。
 開業した年配の先生方にはハードルが高い印象、、

合格率50パーセントも伊達ではない!

必須書籍

  • クエスチョンバンク 総合内科専門医試験 予想問題集
  • イヤーノート付属のquickcheck
  • 過去2年分の内科学会雑誌のセルフトレーニング問題 (余裕があれば)

 

 

 クエスチョンバンクの予想問題集で、概ね試験のイメージと最新の知識を掴んだら、quickcheckを繰り返し擦り込むのがよい。
 自分はquickcheckは覚えきれないとあまりやらなかったのを後悔している。
 これで2/3は抑えれる。

 余裕があれば、、過去2年分の内科学会雑誌のセルフトレーニング問題。
 ここで出題されたトピックに絡んだ問題も見た(別にしなくてもいいかも?)

なすびは合格していた!

無事,通ってました!(σ・∀・)σゲッツ!!

ちなみに全体合格率65.4%(従来通りの受験者90.0%,サマリー免除受験者58.3%)

おそらくは年配の先生が多かったため,サマリー免除受験者での合格率が低いんでしょうね~

なすびの点数

消化管 70.58 平均63.63
循環器 78.08 平均72.25
内分泌・代謝 92.30 平均65.54
腎臓 80.76 平均69.6
呼吸器 73.07 平均63.56
血液 76.92 平均57.77
神経 66.66 平均73.35
アレルギー・膠原病 82.35 平均62.70
感染症 81.48 平均64.06
総合内科 61.22 平均57.04

得意の内分泌・代謝,腎臓で稼ぎ,あとは平均的でした.
上記書籍を数回こなして,得意分野で稼ぎ,苦手分野は60%を切らないようにすれば,よさそうです!

タイトルとURLをコピーしました