胃食道逆流症 gastroesophageal reflux disease;GERD

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

胃酸を多く含む胃の内容物が食道内に逆流して起こる病態を,胃食道逆流症(Gastro Esophageal Reflux Disease;GERD)という.

症状や食道の粘膜の状態によって,逆流性食道炎reflux esophagitisと非びらん性胃食道逆流症(Non-Erosive Reflux Disease;NERD)とに分けられる.

高齢化の進行とHelicobacter pylori除菌の普及に伴って逆流性食道炎、ひいては胃食道逆流症(GERD)全般が増加することが懸念されている.

疫学

食生活の欧米化,胃酸分泌過多,若年者のHelicobacter pyloriの除菌の普及と感染率の低下,臨床医のGERDに対する理解の向上などにより,週に1度以上の酸逆流症状の自覚でGERDと定義したときの本邦の有病率は6.5~9.5%と上昇傾向にある.
・欧米の有病率は10~20%.

病態

GERD咳嗽

下部食道括約筋(lower esophageal sphincter;LES)の低下による胃酸や食道内容物の逆流が咳の発生に関与する.

reflux theory

1)胃酸や逆流胃内容物の下気道への微小誤嚥
2)胃酸や逆流胃内容物による咽頭喉頭刺激

食道裂孔ヘルニアや亀背を伴うような恒常的なLES圧の低下の状態でより生じやすく,夜間・起床時に多く,びらん性GERDが多いとされる.

reflex theory

一過性のLES圧低下(transient lower esophageal shpincter relaxation;TLESR)で生じやすいとされ,胃酸や胃内容物が下部食道の迷走神経受容体を刺激し,延髄孤束核に存在する咳中枢を介して咳反射が誘発される(食道気管支反射).

TLESRが夜間に比し昼間に高頻度に生じることから,咳は日中に多く,非びらん性GERDが多いと言われ,迷走神経反射を介したreflex theoryがGERD咳嗽の主な機序と考えられている.

診断

誘発因子として,会話・食事・起床・上半身の前屈・体重の増加が知られている.

PPI,消化管運動機能改善薬,肥満・食生活の改善といったGERに対する治療により,咳が消失or緩和することで確定診断となる.

治療

第一選択はPPIによる治療.

GERD咳嗽が疑われた場合,3ヵ月のPPIによる治療が推奨されている.
・食道症状に比べ,咽喉頭症状や咳の改善には時間を要する.

PPIは高用量から開始することが多いが,PPIのみでは効果が不十分であることが多く,消化管運動機能改善薬の追加投与が必要となることがある.

症状

胸やけ,おくび,呑酸,非心臓性胸痛といった典型的な食道症状の他,喘息,咳,喉頭部違和感/咽喉頭炎,歯牙酸蝕,中耳炎,副鼻腔炎,睡眠障害などの多岐にわたる食道外症状を呈する.
・食道外症状のみを自覚する患者も多く,GERDによる咳嗽患者の43~73%で食道症状を伴わない.

治療

生活習慣の是正

食事療法
→禁酒・チョコレート・高脂肪食・柑橘類・トマト・炭酸飲料の摂取回避・就寝前の飲食禁止

禁煙

減量

タイトルとURLをコピーしました