胃癌 胃がん gastric cancer

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

疫学

2013年にH.pylori感染胃炎が保険適応となり,年間約150万人が除菌治療を受けているとされる.
→現感染胃癌は減少し,除菌後胃癌の割合が徐々に増加している.

胃癌全体の3/4をアジアの国々が占めており,うち8割が日本を含む東アジアからの発症.

過去30年間,発症者が年間約5万人であったが,最近は急に減少傾向であり,現在では約44,000人となっている.
→除菌治療の普及と,保険診療で必須の除菌治療時の内視鏡検査による早期胃癌の発見と内視鏡治療の進歩によるところが大きい.

原因

胃炎

【胃癌リスクとなる胃炎】 いずれもH.pylori感染によって引き起こされる
1)胃体部萎縮性胃炎
2)化生性胃炎
3)鳥肌胃炎
4)皺壁肥大型胃炎

H.pylori感染胃癌

H.pylori除菌と除菌後胃癌発症に関するメタアナリシスでは,除菌群のオッズ比は0.46
→除菌により胃癌リスクは半分程度に減少する.

H.pylori未感染胃癌

1)未分化型腺癌(主に印環細胞癌)
2)分化型腺癌(胃底腺型胃癌と胃型分化型腺癌)
3)遺伝的背景に伴う胃癌
4)自己免疫性胃炎に伴う胃癌
5)EBV関連胃癌

1%未満と非常に稀.

定義としては,複数のH.pylori検査が陰性である,内視鏡的萎縮がない,組織学的萎縮がないの3つの条件としていることが多い.

きれいな背景粘膜から発生しており,腫瘍の発見も困難であることが多い.

タイトルとURLをコピーしました