濾胞性リンパ腫

スポンサーリンク
なすび医学ノート

follicular lymphoma;FL

無治療で年単位に進行する低悪性度リンパ腫の代表格.
日本では全リンパ腫の約20%を占め,CD20陽性のB細胞腫瘍の1つ.

悪性リンパ腫総論↓

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

疫学

DLBCLより若年者に多い(年齢中央値60歳程度)

病態

年3%程度がDLBCLなどの高悪性度のリンパ腫に移行し,組織学的進展と呼ばれる.

症候

診断時進行期が多いにも関わらず,LD高値などの検査値異常や全身症状は少ない.

治療

増殖分画が少ないため,従来の殺細胞性抗癌薬の効果は小さい.

腫瘍量が少ない場合

初発進行期でも腫瘍量が少ない場合 ,リツキシマブ単独などを行っても無治療経過観察した場合の予後を改善しないことが判明している.
→治療介入が必要な高腫瘍量の基準に該当しなければ,低腫瘍量として無治療経過観察 or リツキシマブ単剤が選択される.

腫瘍量が多い場合

R-CHOP療法

従来はR-CHOP療法6コースが行われてきた.
→脱毛,末梢神経障害など,患者のQOLを低下させる有害事象を伴う.

BR療法

ベンダムスチン+リツキシマブ

ベンダムスチンは,アルキル化薬とプリンアナログの構造を併せ持つ薬剤で,脱毛や神経障害がなく,血球減少が軽度という特徴を有する.

R-CHOPよりPFSが良好であったと報じられ,選択可能となった.

オビヌツズマブ

第3世代の糖鎖改変型タイプⅡ抗CD20抗体薬.

リツキシマブよりADCC活性とアポトーシス誘導能が高められている.

オビヌツズマブとベンダムスチンなどの併用化学療法を行い,引き続き維持療法を行う治療法は,リツキシマブ併用化学療法単独と比較して,重篤な有害事象はより多く認められたが,3年FPSが上回った.

なすび医学ノート
スポンサーリンク
なすび院長

医療に疲れ、現場から離れたどろっぽ医ε- (´ー`*) フッ
ネット上で念願のなすびクリニックを作るも,今日も改装中で,いつ再開するのやら・・・
医学勉強などの日々のことをまとめています。
なんちゃって内科・糖尿病・腎臓病専門医です!(゚∀゚)

健康が一番の節約になる!これがモットー。
健康のためには、「自分を大切にすること」「生活習慣を見直すこと」「健診を受けること」が3本柱です!

妻:りんご夫人
長女:いちご
次女:れもん
事務長:かえる

もう少しで3児の父。とにかくかわいいε- (´ー`*)
twitterやっています(余裕がでてくるまで鍵垢)↓

なすび院長をフォローする
なすび院長をフォローする
なすびクリニックは今日も改装中!
タイトルとURLをコピーしました