前庭神経炎

医学ノート(なすび用)

vestibular neuritis

なすび専用のまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
ちゃんとした正書や情報提供サイトを強く推奨します.
当ブログは一切の責任を負いません.

突発性に回転性めまいを発症する急性めまい疾患.

めまいは単発で,体動や歩行でふらつきが悪化する状態がしばらく続く.
聴覚症状やその他の神経症状は認めない.

疫学

末梢前庭性疾患の中では,BPPV,メニエール病について3番目に多い(めまい患者の7%).

30~60歳台に見られ,発症ピークは40歳台.
性差はなし.

原因

前庭神経節における単純ヘルペス1型の再活性化が原因と考えられている.

病態

上前庭神経の障害が主体と考えられていたが,下前庭神経 or 内耳の障害と考えられる例も存在する.

症状

急性の比較的強い,はっきりした単発の回転性めまい発作で発症し,浮動感や嘔気を伴う.
症状は,1~3日と比較的長く残存し,1~6週間で症状は改善する.
・中枢性の代償(前庭代償)によるもので,個人差が大きい.
・難聴や耳鳴などの聴覚症状やその他の神経症状は伴わない.
・急性上気道炎後に発症する場合もある.

治療

急性期には,安静と補液,抗不安薬,制吐薬による対症療法とともにステロイド投与により,末梢前庭機能の回復を図る.

その後は,早期離床,前庭リハビリテーションの早期開始により前庭代償を促進する.

ふらつきが長期にわたる場合は,PPPDを続発している可能性があり,SSRI投与,認知行動療法を追加する.

医学ノート(なすび用)
スポンサーリンク
なすび院長

勤務医に疲れ,定期非常勤と投資でなんとかしのごうというひっそり医.
好きな分野は,糖尿病・腎臓病です!(゚∀゚)

ネット上で念願のなすびクリニックを作るも,今日も改装中で,いつ再開するのやら・・・
勉強好きで,私用に細々とまとめています.

妻:りんご
長女:いちご
次女:れもん
三女:みかん
事務長:かえる

なすび院長をフォローする
なすびクリニックは今日も改装中!
タイトルとURLをコピーしました