ダンピング症候群 dumping syndrome

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

○胃切除手術を受けた人の15~30%にみられる胃切除後症候群で,炭水化物が急速に小腸に流入するために起こるもの.

病態

○胃の機能:近位部はリザーバー,遠位部はグラインダー.
・健康な状態では,食物は2mm大になってから胃から排泄される.健康人では固形物の排泄は3-4時間.

○食事中や食後の直後に症状が現れる早期ダンピング症候群と,食後2~3時間たってから 現れる後期ダンピング症候群に分けられる.
・ダンピング症候群は,食物の小腸への急速な流入に加えて,リンパ節の喪失による 腹水の循環不全,吻合による蠕動運動の乱れなどがあると,食後の苦しみは増大される.
○精神的な誘因も重要で「食べると苦しくなる」と身構えてしまい,それがストレスとなって,悪循環を起こすケースも多い.

早期ダンピング症候群

○胃を切除してしまうと,胃液の分泌量が低下し,貯留機能の失われるために,浸透圧の高い食べ物が 胃の中に入ると,その一部はそのままあふれるように腸内に急速に排出されてしまう.
○早期ダンピング症候群は,胃の排出調節機構が破綻していることが原因で起こる.
○主症状は,冷や汗,動悸,めまい,顔面紅潮,全身倦怠感,全身脱力感,全身熱感など.
・腹痛,下痢,悪心,嘔吐などの腹部症状を訴える場合もある.
・横になるとたいていは症状が治まる.

後期ダンピング症候群

○胃の内容物の急速な排出によって腸管からの炭水化物の吸収が増大すると,高血糖になる.そこでインスリンが過剰分泌され,逆に低血糖になってしまうことで起こる.
・もともと初期分泌能が落ちている人で,胃切除の急峻な血糖上昇にインスリン分泌が追いつかない人に起きやすい.
・食後2~3時間たって頭痛や倦怠感,発汗,めまい,呼吸の乱れなどが現れるもので, 多くは早期ダンピング症候群に引き続いて起こる.
・低血糖が大きな原因で起こることから, 後発性低血糖症候群ともよばれる.

治療

食事療法

○急峻な高血糖を来さない食事療法の徹底が大切.
○早期ダンピング症候群では低糖質,高蛋白,適度な脂肪の食事で,なるべく水分を少なくする.食事のとり方は,1日5~6回に分ける少量頻回食が理想とされる.冷たい物は避けて,食後は20~30分ほど横になることも必要.
○後期ダンピング症候群の場合は,1回の食事量を少なくし,ゆっくりと時間をかけてとるようにする.分食が有効.症状が現れたときには,飴など少量の糖分を摂取すると治まることが多い.

薬物療法

○食事療法では改善されない場合,薬物療法が行われるが,ダンピング症候群の特効薬はない.
○後期ダンピング症候群では,α-GIの併用も有効. J Med Invest 2015; 62: 1-10
○対症的に,血管作動性物質に対する抗ヒスタミン薬,粘膜刺激に対する粘膜保護剤,自律神経系に対する抗不安薬,腸管運動亢進に対する鎮痙薬などの薬が必要に応じて使用される.

タイトルとURLをコピーしました