透析液 dialysate

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

作製

水処理

水道水もしくは地下水といった原水をほぼ水に近い逆浸透(Reverse Osmosis;RO)水とした後紫外線殺菌処理をし,透析用水(希釈水)とする.

・原水から軟水化装置,活性炭吸着装置,逆浸透装置の順で処理し,最終的にはほぼ水分子のみになる.

軟水化装置

原水中の硬度成分(主に二価以上の陽イオンCa2+,Mg2+)をNa+にイオン交換することにより除去する装置.
→原水中のAl3+もNa+にイオン交換樹脂でイオン交換され除去される.

活性炭吸着装置

多孔質活性炭の触媒および吸着力を利用して,遊離塩素,クロラミン(塩素とアンモニアとの反応にて生成される),有機物を除去する.
・活性炭濾過装置の出口において,総残留塩素濃度が基準値(0.1mg/mL)未満にあることを確認する.

逆浸透装置

逆浸透は水処理の最終工程でRO装置ではRO膜を介して溶液に浸透圧以上の圧力を加えることにより,水成分がRO膜を濾過してくる.
→水道中の溶解イオン,有機物,バクテリア,バイオジェンなどをほぼ完全に除去することが可能.

混合

水処理後の水に,Ca,Mgを含むA原液と重炭酸を含むB原液とを混合し,作成される.

A原液,B原液,希釈水の混合比率1:1.26:32.74.
・個人機,セントラルシステムでも同様.

A液

酢酸含有透析液の場合にはA液にpH調節剤として氷酢酸が含まれる.

酢酸フリー透析液の場合はpH調節剤としてクエン酸ナトリウム,クエン酸水和物が含まれる.

B液

主に炭酸水素ナトリウムからなり,酢酸フリー透析液でも酢酸含有透析液でも同じ.

タイトルとURLをコピーしました