糖尿病の疫学

医学ノート(なすび用)

なすび専用のまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
ちゃんとした正書や情報提供サイトを強く推奨します.
当ブログは一切の責任を負いません.

世界的な糖尿病の拡大

国際糖尿病連合(International Diabetes Federation;IDF)

成人における糖尿病患者数は,2000年には1億5,100万人であったが,2009年には88%増加し2億8,500万人に,2019年には4億6,300万人と驚異的に増加した.

世界的な糖尿病患者数の増加や有病率の上昇は,人口統計学的要因,社会経済的要因,環境,遺伝的要因の複雑な相互作用の結果とIDFはコメント.

なかでも2型糖尿病が急増した背景には,危険因子の悪化として,肥満度の上昇,不健康な食事,身体活動低下,都市化により人々の習慣そのものが変化したことが挙げられる.

国内のデータ

国民健康・栄養調査→成人の少なくとも5人に1人は耐糖能障害を呈している.

「糖尿病が強く疑われる(HbA1c≧6.5% or DM治療中)」成人は,年々増加し,2016年には推計1,000万人を突破した.
・糖尿病を発症しやすい高齢者の増加,2008年度から始まった特定健診などによる有病者の掘り起こしなどが影響したと分析されている.

「糖尿病の可能性を否定できない(HbA1c 6.0~6.4%)」成人は,2007年の1,320万人をピークに減少し,2012年には1,000万人となった.

①男性では,2013年~2019年にかけて肥満者の割合が増加
②女性では,活動低下・運動習慣が悪化し,総コレステロール高値の割合や生活習慣病のリスクを高める量の飲酒習慣の割合が有意に上昇.
③有病率の経年的な上昇は加齢の影響を受けている.

死因

日本人糖尿病患者の死因2001~2010

全体で45,708人

平均死亡時年齢 男性71.4歳,女性75.1歳
(日本人一般 男性79.6歳,女性86.3歳)

平均死亡時年齢については両者の差は,男性8.2歳,女性11.2歳と明らかに縮まってきている.
・悪性新生物と肝硬変症については,死亡時年齢があまり改善がみられていない.
・虚血性心疾患と悪性新生物は,平均死亡時年齢の延びが悪い.

1位 悪性新生物 38.3%
 肺癌 7.0%,肝臓癌 6.0%,膵癌 5.7%
2位 感染症 17.0%
 肺炎 11.6%(感染症の68%)
3位 血管障害 14.9%
 虚血性心疾患 4.8%(ほとんどが心筋梗塞),脳血管障害 6.6%,慢性腎不全 3.5%

日本人一般の死因における悪性新生物は29.5%と減少.
・糖尿病のほうが肝臓癌・膵癌の割合が多かった.

糖尿病のほうが血管障害の比率が大きく低下.
・虚血性心疾患については日本人一般よりも糖尿病のほうが低かった.

医学ノート(なすび用)
スポンサーリンク
なすび院長

勤務医に疲れ,定期非常勤と投資でなんとかしのごうというひっそり医.
好きな分野は,糖尿病・腎臓病です!(゚∀゚)

ネット上で念願のなすびクリニックを作るも,今日も改装中で,いつ再開するのやら・・・
勉強好きで,私用に細々とまとめています.

妻:りんご
長女:いちご
次女:れもん
三女:みかん
事務長:かえる

なすび院長をフォローする
なすびクリニックは今日も改装中!
タイトルとURLをコピーしました