糖尿病 診断

スポンサーリンク
なすび医学ノート

糖尿病診断

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

血糖測定(グルコース測定)

血液検査

血液検査では解糖系を阻止し,血液凝固を抑える目的で,フッ化ナトリウム入り試験管(グレー)で採血を行う.

ブドウ糖は採血後そのまま室温に放置すると,血球にある解糖系酵素により代謝され低値になる.

血糖値は動脈血→毛細管血→静脈血の順に高く,およそ10~20mg/dLほどの差が認められ糖負荷試験でその差は拡大する.

Point of Care Testing(POCT)

病棟のベッドサイド,集中治療室(ICU),冠動脈治療室(CCU),診察室,手術室など患者の傍らで医療従事者が使用する血糖測定器.

SMBG機器よりも正確かつ精密に測定でき,検査室の生化学分析装置の代わりに診断にも適用できるとして,近年病棟での使用が求められている.

機種によって干渉物質(アスコルビン酸・キシロースなど)の影響を受けることに特に注意!
偽高値や偽低値が疑われる場合,エラー画面が表示された場合には必ず検査室で測定する!

タイトルとURLをコピーしました