うつ病

医学ノート(なすび用)

なすび専用のまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
ちゃんとした正書や情報提供サイトを強く推奨します.
当ブログは一切の責任を負いません.

定義

うつ状態

いくつかの抑うつ症状(抑うつ気分,興味・関心の減退,意欲低下,不眠など)がある.

うつ病

うつ状態の中でも診断基準を満たすもの.

なすび院長
なすび院長

「まだうつ状態であって,うつ病にまではなっていない」という表現は間違い!

正常のうつ状態

死別後のうつ状態など

適応障害

仕事や家事や学業といった社会的機能の障害の有無.

疫学

時点有病率は1~5%,12ヵ月有病率は4~12%,生涯有病率は13~17%と高い有病率であるが,適切な治療を受ける機会が少ないことが問題.

COVID-19拡大の前後で,抑うつ症状の有病率は8.5→27.2%と3倍に増加したことや,うつ病の有病率が8.4→14.4%と約2倍上昇したことが報告されている(アメリカ).

症状

精神症状

感情の障害,意欲の障害,思考の障害などがある.

感情の障害

気分の症状としては,気が滅入る,気が沈む,気が晴れない,憂うつなどから抑うつ気分や絶望感などがある.

興味・関心・喜びの喪失も重要.

不安も主要症状の1つで重要.

なすび院長
なすび院長

典型的なうつ病では,症状が朝方に増加し,午後から夕方・夜にかけて改善する気分の日内変動がみられることがポイント.

意欲の障害

億劫感,仕事・家事の能率や社会活動性の低下などが見られ,頭の回転が普段よりも遅いという思考面での障害と合わせて意志・思考停止と呼ばれる.

思考の障害

自責感,希死念慮,妄想など

身体症状

なすび院長
なすび院長

身体症状のないうつ病はない.
1つのみは稀で,複数みられることが多く,不定愁訴とされやすい.

不眠・食欲減退がしばしばみられるが,逆に過眠・過食がみられる「非定型うつ病」のこともある.

性欲減退,全身倦怠感,易疲労感,頭痛,頭重感,耳鳴り,目のかすみ,胸部の圧迫感,息切れ,口渇,肩こり,動悸,胃部不快感,手足の冷感など,さまざまな症状がみられる.

診断基準

DSM-5によるうつ病/大うつ病性診断基準

A.①~⑨のうち5つ以上が同一の2週間に,ほとんど一日中,ほとんど毎日存在する.少なくとも1つは①or②である.
①抑うつ気分
②興味,喜びの著しい減退
③著しい体重減少・増加 or 食欲の減退・増加
④不眠 or 睡眠過多
⑤精神運動の焦燥 or 制止
⑥易疲労性 or 気力の減退
⑦無価値観 or 過剰・不適切な罪責感
⑧思考力や集中力の減退,反復的な自殺念慮,自殺企図,自殺計画

大うつ病エピソードが1回のみ見られるものは,「大うつ病性障害,単一エピソード」と診断される.
大うつ病エピソードが反復して認められ,躁病エピソードを呈さないものは,「大うつ病性障害,反復性」と呼ばれる.

B.症状が著しい苦痛 or 社会的・職業的な障害を引き起こしている.

C.そのエピソードは物質の生理学的作用 or 他の医学的疾患によるものではない.
例:甲状腺機能低下症,膠原病,薬物(インターフェロン・ステロイドなど)

医学ノート(なすび用)
スポンサーリンク
なすび院長

勤務医に疲れ,定期非常勤と投資でなんとかしのごうというひっそり医.
好きな分野は,糖尿病・腎臓病です!(゚∀゚)

ネット上で念願のなすびクリニックを作るも,今日も改装中で,いつ再開するのやら・・・
勉強好きで,私用に細々とまとめています.

妻:りんご
長女:いちご
次女:れもん
三女:みかん
事務長:かえる

なすび院長をフォローする
なすびクリニックは今日も改装中!
タイトルとURLをコピーしました