高リスク心疾患患者に対する歯科処置

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

成人の高度リスク患者に対し,抜歯などの菌血症を誘発する歯科治療の術前には予防的抗菌薬投与が推奨される.

成人の中等度リスク患者に対し,抜歯などの菌血症を誘発する歯科治療の術前には予防的抗菌薬投与が提案される.

標準的予防投与法(成人)

経口投与可能

βラクタム系抗菌薬アレルギーなし

アモキシシリン
2g(or 体重当たり30mg/kg) 単回(処置前1時間)
*何らかの理由で減量する場合は,初回投与5~6時間後にアモキシシリン500mgの追加投与を考慮する

βラクタム系抗菌薬アレルギーあり

クリンダマイシン
600mg 単回(処置前1時間)

アジスロマイシン
500mg 単回(処置前1時間)

クラリスロマイシン
400mg 単回(処置前1時間)

経口投与不可能

βラクタム系抗菌薬アレルギーなし

アンピシリン
1~2g 単回(手術開始30分以内に静注/筋注 or 手術開始時から30分以上かけて点滴静注)

セファゾリン
1g 単回(手術開始30分以内に静注/筋注 or 手術開始時から30分以上かけて点滴静注)

セフトリアキソン
1g 単回(手術開始30分以内に静注 or 手術開始時から30分以上かけて点滴静注)

βラクタム系抗菌薬アレルギーあり

クリンダマイシン
600mg 単回(手術開始30分以内に静注 or 手術開始時から30分以上かけて点滴静注)

タイトルとURLをコピーしました