皮膚所見

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

平坦なもの

紅斑 erythema

ガラス板で退色する紅色斑.一過性の血管拡張によって起こる.

限局性で立体的変化を伴わない色調の変化.

真皮乳頭・乳頭下層の血管拡張.

紫斑 purpura

ガラス板で退色しない紫紅.皮膚内の出血によって起こる.

真皮の血管炎を背景として,赤血球の漏出がある.

色斑

径1~5mm→点状出血
径1~5cm→斑状出血
径5cm以上→びまん性出血

血管拡張

拡張した毛細血管の透見

白斑

色素脱色・局所性貧血

色素細胞の脱落により正常皮膚色が失われる状態.

色素斑

皮膚表面の色調変化

主にメラニン or メラニン含有細胞の存在によるが,その部位によって色調の違いがある.

隆起しているもの(発疹)

皮疹には,原発疹と続発疹がある.
→診断は原発疹に基づいて行う.

湿疹・皮膚炎は発症から治るまで,湿疹三角という経過をたどる.

丘疹

皮膚表面から半球状や扁平な形状の限局性,5~10mmまでの隆起.

紅斑性という赤みを帯びたもの,水っぽくみえるもの,やや堅く触れるものに大別される.

結節

径5mm以上

水庖

皮膚からの限局隆起で,内容が水様性のもの.

最も頻度が多いのが虫刺され.

多くは二次的な皮疹であることが多く,湿疹・紅斑症・角化症・感染症に続発する.

一次的では,類天疱瘡や天疱瘡などの自己免疫性水疱省.
→重症化することが多いため,水疱症をみたら,皮膚科専門医へ紹介する.

膿庖

内容物が膿

胼胝

表皮角層が限局的に肥厚

膨疹

真皮の限局性,一過性の浮腫.

短時間で消退する.

蕁麻疹に代表される個疹で,Ⅰ型アレルギー反応なので,ヒスタミンによる血管透過性が基本であり,盛り上がるが,ヒスタミンの活性がなくなると跡形もなく正常皮膚に戻る.

炎症細胞はほとんど関係ないので,色素沈着などの続発疹はない.

タイトルとURLをコピーしました