持続的血液透析濾過 Continuous hemodiafiltration;CHDF

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

急性腎障害において,循環動態が安定している症例では,持続・間欠のどちらの血液浄化療法を選択しても問題ないが,術後などで循環動態が不安定な症例では,持続的な血液浄化療法が望ましいと考えられている.

透析条件

QB 60~100mL/min

フィルタ膜面積 0.3~1.3㎡

透析液流量 300~600mL/hr

補液(置換)流量 200~500mL/hr

抗凝固薬 出血リスクが高い症例ではメシル酸ナファモスタットが半減期が短いため使いやすい.10~40mg/hr.

タイトルとURLをコピーしました