便秘症 constipation

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

本来,体外に排出すべ糞便を十分量かつ快適に排出できない状態

日本の人口の10%程度にみられ,有病率が高い.

原因

機能性便秘(常習性便秘,慢性特発性便秘 chronic idiopathic constipation;CIC)

一番多い.

排便回数減少型

大腸通過遅延型

大腸通過に時間がかかる.

特発性・症候性・薬剤性

排便回数が他の型より少なく,1週間に1回以下であることも珍しくない.

女性に多く,腹部膨満感や腹部不快感を伴いやすい.
腹部X線写真を撮影すると,大腸に便の貯留が多い.

大腸通過正常型

大腸通過は正常であるが,食物繊維の摂取が少ないことが多い.

食事摂取減少,食物繊維不足など

腹部症状が強く,便の量が少ないことが多い.
腹部X線写真では,大腸内の便の貯留は多くない.

機能性排便排出障害型

直腸内に侵入した腸内容物を排出することが困難.

腹圧・怒責力低下,直腸知覚低下,骨盤底筋協調運動障害など

骨盤部のX線撮影やCTで,直腸内にガスが貯留し,直腸壁が進展していることがある.

器質性便秘

大腸狭窄などに起因

狭窄性:大腸癌などの腫瘍,イレウス,腸管狭窄,腸管癒着,腹腔内腫瘍による腸管圧排
非狭窄性:排便回数減少型(巨大結腸症など),器質性排便排出障害型(直腸瘤,巨大直腸症,S状結腸瘤など)

薬剤性便秘

抗コリン作用を有する薬剤の使用など

麻薬,抗コリン薬,抗うつ薬,向精神薬,抗Parkinson病薬,抗痙攣薬,鎮咳薬(リン酸コデイン),制酸薬(アルミニウム含有),降圧薬(Ca拮抗薬),利尿薬,下剤の習慣性使用,検査用バリウムなど

症候性便秘(全身疾患に伴う便秘)

Parkinson病などの他疾患に伴う

神経疾患:Hirshusprung病,糖尿病,多発性硬化症,脊髄疾患,Parkinson病(中枢性),脳血管疾患
内分泌代謝疾患:甲状腺機能低下症,電解質異常(低K,高Ca血症)
その他:anorexia,うつ病,myotonic dystrophy,強皮症,アミロイドーシス,尿毒症,COPD,進行性全身性硬化症,妊娠

病態

排便のメカニズム

大腸は1日に1.5L程度の水分を含む腸管内容物を小腸から受け取り,主にClチャネルを介した腸管内腔へのイオンと水の分泌と,Naのactive transportを介した水の再吸収が行われる.
→大腸通過中に内容物の水分が吸収されて,1日に200mL程度の水分を残し,便として排出される.

大腸の運動には,伝搬性と非伝搬性の収縮運動が観察される.

非伝搬性の収縮運動

大腸内容物を撹拌し,大腸粘膜からの水分の吸収を助ける.

伝搬性の収縮運動

内容物の運搬

大蠕動あるいはhigh amplitude propagated contractions(HAPCs)と呼ばれる上行結腸からS状結腸に続く強い伝搬性収縮が大腸内容物の移送に大きな役割を持っていると考えられている.

EC(enterochromaffin)細胞からのセロトニンの分泌とそれに続く口側でのアセチルコリンを介した収縮運動,肛門側でのNO(nitric oxide)を介した拡張運動が重要.

ウイルス感染や自己免疫機序などで,腸管の神経細胞や平滑筋細胞が傷害を受けると,低下する.

便秘患者では,腸管神経細胞のアポトーシスの増加や神経細胞数の減少,Cajal介在細胞の減少,種々の神経内分泌物質の異常,浸潤している炎症細胞数の増加などが報告されている.

腸内細菌叢にメタン産生菌が多いと,産生されたメタンが大腸の伝搬性収縮を抑制する可能性も指摘されている.

排便反射

大腸内容部が直腸内に入り込むと,直腸壁が進展し,便意が出現するとともに排便反射が誘発される.

排便反射が起こると,安静時肛門管圧の70%を構成している内肛門括約筋が緩む.

さらに外肛門括約筋を弛緩させると共に,恥骨直腸筋が弛緩して直腸を直線化し,さらに横隔膜と腹壁を収縮させて,腹圧を上昇させ,便を体外に排出する.

知覚が低下し,直腸内に便が侵入したことが分かりにくい場合や骨盤底と腹壁の筋協調運動が障害されている場合は,直腸内に便が長時間貯留されてしまう.

心血管イベント

高齢者は,若年者と比較し,「いきみ」によって血圧がより上昇しやすくなる. 自律神経2000; 37(3): 431-439

排便頻度が少ないと循環器系疾患による死亡リスクが有意に増加する.Atherosclerosis 2016; 246: 251-256

タイトルとURLをコピーしました