かぜ症候群の漢方治療

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

漢方薬の目的は,かぜ症状を緩和するだけでなく,ウイルス感染の自然治癒を早める(熱産生を高める)ことにある.

陽病期の評価

最も重要なポイントは,どの病期にいるか?
・漢方医学には,六病位という考え方があり,陰陽それぞれ3ステージずつ,合計6つのステージに分類する.

太陽病期

温める生薬である桂皮や麻黄を含む漢方薬

1)感染症の急性期
2)身体の「表」の部位に症状が出現する.
・悪寒,発熱,頭痛,関節痛,筋肉痛,項背部のこりなど
3)脈を診ると,浮脈(軽く指頭を触れてすぐによくわかる脈)を呈する.

小陽病期

柴胡を含む一連の漢方薬である柴胡剤

1)太陽病期で治療が完結しない場合の次のステージ
2)病邪が体表面から中に入り込むため,「半表半裏」と表現される.
3)症状としては,口の苦み,咽乾,吐き気,食欲不振,めまい,咳嗽など
4)脈を診ると弦脈(弓の弦がぴんと張ったような比較的緊張感がある脈)となる.
5)腹診では胸脇苦満(左右の肋骨弓周辺の重圧感・圧迫感と,肋骨弓下の筋の緊張と圧痛)

陽明病期

大黄など下剤成分を含む漢方薬

1)少陽病期においても治療が終焉しえなかった場合の次のステージ
2)身体の奥まで病邪が侵攻してしまった病態.
3)症状としては,下痢・便秘などの消化器症状
4)弛張熱といわれるような高熱が持続する.
5)脈は沈脈(深く指を押して初めて触れる脈)を呈する.

生体と病邪の評価

生体の外邪との闘病反応において動員できる気血の状態には,弱い「虚」と旺盛である「実」がある.
・汗の有無,脈の強弱で判断
→汗が出ず,脈が強い場合は,陽実証
→自汗(少し汗ばんだ状態)があり,脈が弱い場合は,陰虚証

外邪(外から侵入し歪みを生じさせるもの)はインフルエンザのように強力なもの「強」もあれば,普通のかぜのような弱いもの「弱」もある.

外邪「強」,生体「実」→闘病反応「陽」

麻黄湯→インフルエンザに罹患したときのような,強い悪寒・発熱・関節痛
葛根湯(麻黄が結構入っている)→感冒症状に項背部のこりを伴うとき
・発疹を伴う場合は,升麻葛根湯.

【麻黄湯】
熱が出る急性疾患の初期.
悪寒,発熱,頭痛,関節痛,筋肉痛,咳はあるが汗が出ないときに用いる.

外邪「強」,生体「虚」→闘病反応「陰」

麻黄附子細辛湯(最も虚に落ち込んだ病態に,強い寒気・手足の冷え・強い倦怠感など)

外邪「弱」,生体「実」→病気は成立しない

外邪「弱」,生体「虚」→闘病反応「陽」or「陰」

「陰」であれば,麻黄附子細辛湯
「陽」であれば,桂枝湯

【桂枝湯】
・虚証や高齢者に
・頭痛,寒気,発熱(主に微熱),のぼせ,体の痛み,皮膚が自然に汗ばむときに用いる.

漢方薬の効かせ方

漢方薬服用後に身体を温め,ゆっくり休ませる

漢方薬の温熱効果を助け,早期の発汗を促す

漢方薬は発汗させるまで服用させる

少し汗ばむ程度.
発汗後に身体が楽になれば,治療は終了.

漢方薬を服用しても発汗しない場合,発汗するまで服用を続けさせる

病態によっては,1日量の2~3倍服用してもよい場合がある.

タイトルとURLをコピーしました