CKDと認知症

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

CKDは認知機能障害のリスク因子であり,特に遂行力低下を特徴とする脳血管性認知症の発症リスクが高いことが特徴とされている.日腎会誌2016; 58: 263

腹膜透析は血液透析と比べ,認知機能は保持される? Kidney Int 2018; 93(2): 430-438

病態

脳萎縮

HD患者では,若年例においても脳萎縮の合併頻度が高い.Clin Nephrol 2000; 53 : 445-451

危険因子

■血管性因子 vascular risk factor
脳血管障害,高血圧,糖尿病,脂質異常症,心筋梗塞,心房細動,喫煙など.

■非血管性因子 nonvascular risk factor
貧血,副甲状腺機能亢進症,アルミニウム,薬剤,睡眠障害,うつ病など.

酸化ストレス

Nephrol Dial Transplant 2014; 9: 529-538

レニン・アンジオテンシン系

J Clin Neurosci 2016; 33: 32-38

タイトルとURLをコピーしました