コレステロール cholesterol,中性脂肪 triglyceride

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

血液中には,脂質である「コレステロール」と「中性脂肪」が流れている.

脂質は血液に溶け込むことができないため,「リポ蛋白」という形をとる.

中性脂肪 triglyceride;TG

グリセロールに脂肪酸がエステル結合したもの.

アポ蛋白とともにリポ蛋白の構成要素として血中に存在し,VLDLやカイロミクロン(CM)内に多く存在する.

エネルギーの源で,体脂肪として蓄積される.

内臓脂肪

内臓脂肪は門脈を通じて,すぐに肝臓に流れ込むため,脂肪肝になりやすい.
肝臓では,VLDLが作られる→LDL(特にsd-LDL)が多くなる.
→中性脂肪が高いと,動脈硬化を起こしやすくなる.
*動脈硬化を起こした血管に中性脂肪は蓄積していないため,直接的な原因とはならない.

リポ蛋白 lipoprotein

レムナントやsdLDLは血管内膜下に侵入しやすく,酸化変性を容易に受けやすい.

カイロミクロン chylomicron;CM

食品中の脂質が小腸で吸収されて作られてる.
→食後に中性脂肪が上がるのは,カイロミクロンが増加するため

レムナント

カイロミクロンから中性脂肪が抜けるとレムナントを形成する.

超低比重リポ蛋白 very-low-density lipoprotein;VLDL

肝臓で作られる.

中性脂肪が多く含まれる.
→中性脂肪が分解されると,脂肪酸となり,エネルギーの源になる.

低比重リポ蛋白 low-density lipoprotein;LDL

VLDLから中性脂肪が分解されて残ったリポ蛋白.
LDLに含まれるコレステロール=LDLコレステロール(LDL-C)

コレステロールに富み,末梢組織へコレステロールを運搬する(悪玉コレステロール)

動脈硬化

1)血管壁に入り込んだLDLの一部が酸化
2)マクロファージが酸化したLDLを貪食→血管壁に蓄積し,プラークを形成する.

超悪玉コレステロール small dense LDL;sd LDL

LDL-Cの中で特に小型で,血液中の滞在時間が長いため,血管壁に入り込みやすい.

LDLは比重1.019~1.063g/mLに分布し,粒子の直径は20~26nm(200 ~260Å)といわれているが,small dense LDLとは直径25.5nm以下のLDL 粒子で,比重1.044~1.063g/mLに分布している.

LDLを異化するLDLレセプターに対する親和性が低下しており,血中滞在時間が長い.
・一般的に正常サイズのLDLの血中滞在時間は2日,sd LDLは5日と言われており,sd LDLは血管壁と接触する機会が多い.

sd LDL自身が小型であることと相まって血管壁に侵入しやすく,酸化変性ストレスにさらされやすい.
・酸化ストレスに対して,正常サイズのLDLはビタミンEやユビキノール10といった抗酸化物質によって保護されているが,sd LDLは抗酸化物質に乏しく酸化変性を受けやすいという特徴も有している.

LDLの粒子サイズを規定する最も強力な因子はTG濃度であり,LDL小型化の50%をTG値で説明できる.
・肥満,メタボリック症候群,糖尿病などで中性脂肪が上昇すると,LDL-Cの小粒化が起こりやすく,sd-LDLが増加する.
→同じLDL-Cでもsd LDLの割合が多い(2型糖尿病では高頻度).

sd LDL-C/LDL-C比が,冠動脈疾患の有意な予測因子となり得る(同じLDL-C値でも,sd LDL-Cの割合が多いほうがリスクが高い).

高比重リポ蛋白 high-density lipoprotein;HDL

末梢から肝臓へのコレステロールの逆転送に重要な役割を果たすリポ蛋白(善玉コレステロール).
HDLに含まれるコレステロール=HDLコレステロール(HDL-C)

低下させる主要因子
肥満,運動不足,喫煙

増加させる因子
食事運動療法で減量する.
コレステロール工ステル転送蛋白(CETP)の活性低下が知られている.
飲酒もCETPの低下によりHDL-Cの増加をきたすことがある.

・食前後で変化しにくい.

タイトルとURLをコピーしました