輸血 副作用

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

輸血関連急性肺障害 Transfusion-related acute lung injury;TRALI

輸血中あるいは輸血後6時間以内に起こる急性肺障害(非心原性肺水腫)

多くは2時間以内に発症する.

疫学

TRALIの頻度は輸血を受けた対照群によって様々な報告があり一定しないが,いずれも非常に稀.

約8割の患者は急速に回復するものの,致死率は5-10%と高い.

原因

TRALIの発症機序は,血液製剤中の抗白血球抗体が受血者の白血球や血管内皮細胞と反応する免疫学的機序や,血液製剤中の活性脂質などの生理活性物質が原因とされる非免疫学的機序が考えられているが,いまだ正確なことはわかっていない.

診断

TRALIの診断基準には,他の急性肺障害の危険因子(肺炎,敗血症,誤嚥,多発外傷,膵炎など)がないことが含まれており,これらの危険因子を有する場合はpossible TRALIの診断となる.

タイトルとURLをコピーしました