心房細動 atrial fibrillation;AF

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

加齢とともに増加し,①動悸,胸部不快感の自覚,②心房収縮の欠如に伴う心不全の招来,③塞栓症の発生など,臨床上非常に重要

疫学

有病率は年齢と共に増加し,70歳代で約6%,80歳代で約9%になることがアメリカ・オーストラリアの疫学的研究で示されている.
・本邦では,70歳代で2.1%,80歳代で3.2%と半分以下だが,発作性Afがカウントされていない可能性あり.

原因

弁膜症性

非弁膜症性

虚血性心疾患,心筋症,高血圧性心臓病,甲状腺機能亢進症,基礎疾患のないもの(孤立性 lone)

分類

発作性 paroxysmal

1週間以内に自然に停止する.

持続性 persistent

1年以内の持続.

long-standing persistent

1年以上持続

病態

塞栓症

症候

心エコー

基礎疾患の有無を把握することが重要

タイトルとURLをコピーしました