アニサキス症 anisakiasis

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

アニサキスは,消化管アニサキス症として腹痛や食中毒の原因として知られる一方で,アレルギー反応を呈することで知られている.

アレルギー反応

海産魚摂取後に生じる蕁麻疹やアナフィラキシーの大部分は,アニサキスアレルギーであるという考えが主流.

特に,生の魚類摂取後数時間~10時間後に発症する消化管アニサキス症と異なり,アニサキスアレルギーでは抗原が耐熱性を有しているため,魚類を加熱や冷凍しても抗原性は保たれることから,腹痛などの症状を有しない場合でもアレルギーの原因として注意する必要がある.

アレルギーを起こす原因として,14種類のアニサキスコンポーネントが確認されている.
・蕁麻疹/アナフィラキシーの原因となるアニサキスコンポーネントは単一ではなく,複数の抗原が発症に関与して,多彩な臨床像を発現していると推測されている.

診断

アニサキスコンポーネント特異的IgE抗体は感度が高いが,保険適用外であり,一般的には行われていない.
→本邦では,アニサキスアレルギーの診断として,アニサキスが寄生しやすい魚介類摂取後のアレルギー症状誘発の病歴に加え,アニサキス特異的IgE抗体価の高力価の測定を行い,真の魚介類アレルギーを除外診断する必要がある.

タイトルとURLをコピーしました