アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬 angiotensin receptor-neprilysin inhibitor;ARNI

スポンサーリンク
なすび医学ノート

ARNI(アーニィ)

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

サクビトリルバルサルタン エンレスト® 50mg/100mg/200mg

ARNIの現実的な使い方(youtube うし先生 2021/11/20)

薬理

投与されると,速やかにサクビトリルとバルサルタンに分離される.

サクビトリルは体内で活性体(LBQ657)に変換され,ネプリライシンを阻害
→内因性ナトリウム利尿ペプチドの量が増加し,利尿作用や血管拡張作用によって体液量が減少して心負荷が軽減される.
飲むハンプと言われることがある.

サクビトリルのみだと,RAS系が亢進してしまうので,ARBが合剤になっている.

BNPの分解も抑制してしまうため,ARNI下での評価はNTproBNPを測定する.

なすび院長
なすび院長

早期からの効果→降圧,体液貯留抑制効果
長期予後改善効果→心室リモデリング抑制

慢性心不全

慢性心不全(標準的な治療を受けている患者に限る)→ 50mg/100mg/200mg

開始:1回50mgを1日2回経口投与.
→忍容性が認められる場合は,2~4週間の間隔で段階的に1回200mgまで増量.

アンジオテンシン変換酵素阻害薬 or アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬から切り替えて投与する.
*血管浮腫があらわれるおそれがあるため,本剤投与前にアンジオテンシン変換酵素阻害薬が投与されている場合は,少なくとも本剤投与開始36時間前に中止する.
*本剤投与終了後にアンジオテンシン変換酵素阻害薬を投与する場合は,本剤の最終投与から36時間後までは投与しない.

「臨床成績」の項の内容を熟知し,臨床試験に組み入れられた患者の背景(前治療・左室駆出率・収縮期血圧等)を十分に理解した上で,適応患者を選択する.
→PARADIGM-HF試験
*現時点で日本人 HFpEF 患者に対する本薬の有効性が示されたとは判断できない.

高血圧症

高血圧症→100mg/200mg
*2021年9月に「高血圧症」の適応が追加

1回200mgを1日1回.
*年齢,症状により適宜増減.
*最大投与量は1回400mgを1日1回

過度な血圧低下のおそれ等があり,原則として本剤を高血圧治療の第一選択薬としない
ARNIを高血圧の第一選択薬にできない理由(日経メディカル2021/10/22)

タイトルとURLをコピーしました