アナグリプチン anagliptin

スポンサーリンク
お薬手帳

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

スイニー® 100mg錠 三和化学研究所(国産)

特徴

薬価がシタグリプチンと並んで,薬価が低い.

1日2回内服で,夕食後も活性型GLP-1上昇やグルカゴン分泌を改善することで,夜間の高血糖から早朝の空腹時血糖まで下げる.

LDL-C,TG低下作用をアピールポイントとしている.
肝臓:脂質合成↓,小腸:コレステロール吸収↓

肥満の有無に関わらず,HbA1cを低下させる.
 メトホルミンとの併用効果が高い.

全身で約50%が代謝→尿中排泄率約73%,糞中排泄率約25%

使用法

1日2回投与.1回量100mg.200mgまで増量可.

腎機能障害への投与

Ccr<30,男性Cr>2.4,女性Cr>2.0
100mg,1日1回に減量

エビデンス

メトホルミン併用下における臨床効果

P:メトホルミン(≧1000mg/day)単剤で血糖コントロール不十分な2型糖尿病180例(海外).
E:+アナグリプチン 200mg
C:+シタグリプチン 100mg

主要評価項目:HbA1c変化量(24週後)

アナグリプチン追加群:-0.85%
シタグリプチン追加群:-0.83%

Anagliptin and sitagliptin as add-ons to metformin for patients with type 2 diabetes: a 24-week, multicentre, randomized, double-blind, active-controlled, phase III clinical trial with a 28-week extension - PubMed
We conducted a 24-week, multicentre, double-blind, randomized study with a 28-week extension to compare the efficacy and safety of anagliptin and sitagliptin as...

ハイリスク2型糖尿病患者に対する検討

P:8週間以上スタチンで治療中のLDL-C 100mg/dL以上のハイリスク2型糖尿病353例
E:アナグリプチン 200mg
C:シタグリプチン 50mg

主要評価項目:LDL-C変化量(52週後)

アナグリプチン:ー3.7mg/dL
シタグリプチン:+2.1mg/dL

Randomized Evaluation of Anagliptin vs Sitagliptin On low-density lipoproteiN cholesterol in diabetes (REASON) Trial: A 52-week, open-label, randomized clinical trial - PubMed
Additional reductions in low-density lipoprotein-cholesterol (LDL-C) via antidiabetic therapies should be considered in statin-using patients with sub-optimal L...

メトアナ®

メトホルミンとの合剤

メトアナLD=メトホルミン250mg+アナグリプチン100mg
メトアナHD=メトホルミン500mg+アナグリプチン100mg
1日2回投与

エクメットと比較して薬価が安い.国産.

腎機能障害への投与

eGFR 45~59 エクメットLD・HDともにOK(メトホルミンは1500mg/dayまでOK)
eGFR 30~44 エクメットHDはOK(メトホルミンは750mg/dayまでOK)
eGFR ~29 禁忌

タイトルとURLをコピーしました