副腎癌 adrenal tumor

スポンサーリンク
なすび医学ノート

個人的なまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
診療は必ずご自身の判断に基づき,行ってください.
当ブログは一切の責任を負いません.

疫学

○40~60%がホルモン過剰に伴う症状・所見を契機に発見され,他の疼痛などの局所症状,偶発的指摘から発見される症例がそれぞれ30%程度占めるとされる.
○初診時の平均腫瘍径は11cmと大きく,4割の症例で周囲への浸潤または遠隔転移を有し,StageⅢ以上と判定される.
○1年生存率は71%,5年生存率は37%.
初診時にStageⅣの場合,1年生存率は30~40%まで低下する.

■臨床的予後因子
高齢,腫瘍のコルチゾール自律分泌,StageⅢ以上

病態

WHO分類

■Conventional type
■Oncocytic type
■Myxoid type
・病理組織学的にAlcian-blue染色陽性の粘液腫状変化を有する.
・特異的遺伝子変異,血清マーカーは未だ確立されていない.
■Sacromatoid type

治療

○mitotaneおよびEDP療法(エトポシド+ドキソルビシン+シスプラチン)の奏効率は48.6%.
・遠隔転移を有する症例において,他に有効な治療法は確立されていない.

タイトルとURLをコピーしました