急性骨髄性白血病(AML)

医学ノート(なすび用)

acute myeloid leukemia;AML

なすび専用のまとめノートで,医療情報を提供しているわけではありません.
ちゃんとした正書や情報提供サイトを強く推奨します.
当ブログは一切の責任を負いません.

治療

APL以外のAMLでは,若年成人など強力化学療法が実施可能な例を中心に,染色体異常・遺伝子変異などによって予後予測がなされ,予後によって強力化学療法・同種造血幹細胞移植の組み合わせを主体として層別化治療が行われる.

FLT3阻害薬 FLT inhibitor;FLT-3i

一定の割合で治療反応が十分に得られない例や再発する例が存在している.
FLT3の遺伝子内列重複(FLT-ITD)を有する例は,治療抵抗性で予後不良であることが明らかになった.
→FLT3阻害薬(FLT-3i)が開発された.

venetoclax;VEN

アポトーシス抑制分子(BCL2蛋白質)の阻害薬
→アポトーシスを促進する.

高齢者など強力な化学療法が実施できないAMLに対して,DNAメチル化阻害薬であるアザンチジン(AZA)とVEN併用療法が試みられ,60%を超える寛解率と生存期間中央値は14.7カ月という成績が発表された.
→高齢者AMLに対する新たな第一選択.

同種造血幹細胞移植

移植前処置として実施される強力化学療法/全身放射線照射とドナー由来免疫細胞による移植片対白血病効果(GVL効果)によって強力な抗白血病効果をもたらす一方で,移植片対宿主病(GVHD)をはじめとする種々の合併症が高頻度に生じ,時に重篤な治療関連毒性がみられる.

白血病の特徴に基づく予後予測,患者背景など複数の要因を組み入れて移植適応が定められている.

医学ノート(なすび用)
スポンサーリンク
なすび院長

勤務医に疲れ,定期非常勤と投資でなんとかしのごうというひっそり医.
好きな分野は,糖尿病・腎臓病です!(゚∀゚)

ネット上で念願のなすびクリニックを作るも,今日も改装中で,いつ再開するのやら・・・
勉強好きで,私用に細々とまとめています.

妻:りんご
長女:いちご
次女:れもん
三女:みかん
事務長:かえる

なすび院長をフォローする
なすびクリニックは今日も改装中!
タイトルとURLをコピーしました