晩期のチャゲアス

スポンサーリンク
なすびのつぶやき

youtubeのチャゲアス動画も終わりが見えてきた.

今までは自分の好きだったときの全盛期(モーニングムーン~全ての愛のために)の動画を,懐かしむ感じで見ていた.

それからちょこちょこ曲を出していたのは知っていたけど,ほぼ聴いていなくて,ASKAの覚せい剤事件で失望して,しばらく聴くことがなくなった.

1年くらい前からふとしたことでチャゲアスの曲をもう1回きくようになった.
SAY YESとかYAH YAH YAHみたいな曲はほぼ再生することはなく,TRIPとかRED HILLとか昔はあんまはまっていなかった曲に今はまったりして面白い.

そんで,1年前に事実上の解散をして,ASKAはソロで活動している.今後,二人が揃う奇跡はなさそう.

でも,なんであんなに仲良かった二人に亀裂が入ったのだろうか・・・ASKAのイメージが昔と違うような気もする.覚せい剤の後遺症なんだろうか.

そんな疑問から,最後に出されたシングルらへんをもう1回しっかり聴いてみた.

Man and Woman

[MV] Man and Woman / CHAGE and ASKA

めちゃくちゃいいやん

俺が知っているチャゲアスは大衆に合わせた曲作りが主体だったけど,晩期のチャゲアスは自分たちの求める真の音楽に到達したのかな・・・

2007年のライブのときにすでに事実上の解散が決まっていたみたい.

ASKAもCHAGEもそれぞれ高いレベルでライブ活動を継続しているのはさすが.
そりゃ30年以上も一緒にいたら,離れてしまうのは普通なのかな.

俺はチャゲアスの活躍とともに生き,しかも二人ともまだ生きている.
それだけで幸せなんだ.

タイトルとURLをコピーしました